初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行2:オリベイラが初日総合1番手

フリー走行2:オリベイラが初日総合1番手

新天地に移籍して、KTMから参戦5年目を迎えるオリベイラが2度目のセッションで1番時計。フリー走行1で1番手だったケントが2番手。尾野と鈴木は、総合14番手と31番手だった。

開幕戦カタールGPのフリー走行2は26日、ロサイル・インターナショナル・サーキットで行われ、ミゲール・オリベイラがトップタイムをマーク。初日総合1番手に進出した。

タイムアップ直前に雨が降り始めた気温23度、路面温度28度のドライコンディションの中、フリー走行1で2番手だったオリベイラは、3度のコースインで13ラップを周回すると、2分07秒台を3回、2分06秒台を最多の3回記録。2分06秒580の1番時計を刻んだ。

フリー走行1で3番手だったニッコロ・アントネッリは、3度のコースインで12ラップを周回すると、2分07秒台を2回、2分06秒台を1回記録して、0.179秒差の2番手。フリー走行1で4番手だったイサック・ビニャーレスは、2度のコースインで15ラップを周回すると、2分08秒台を7回、2分07秒台を2回記録して、0.620秒差の3番手。

フリー走行1で11番手だったロマーノ・フェナティは、4番手に浮上。フランシスコ・バグナイア、ファビオ・クアルタラロ、リビオ・ロイが続き、フリー走行1で1番手だったダニー・ケントは、2分06秒601を更新できず、0.932秒差の8番手に後退したが、総合2番手に進出。エフレン・バスケス、ホルヘ・ナバーロがトップ10入り。

フリー走行1で10番手だった尾野弘樹は、3度のコースインで15ラップを周回すると、2分08秒台を2回、2分07秒台を2回記録。1.230秒差の13番手、総合14番手。フリー走行1で33番手だった鈴木竜生は、2度のコースインで15ラップを周回すると、2分10秒台を4回記録。3.799秒差の30番手、総合31番手だった。

リザルト

Tags:
Moto3, 2015, COMMERCIAL BANK GRAND PRIX OF QATAR, FP2

Other updates you may be interested in ›

motogp.com
#KneeDown

3 years ago

#KneeDown