初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

クラッチローがトップから僅少さの2番手

クラッチローがトップから僅少さの2番手

5番手発進したクラッチローが、フリー走行総合2番手に進出。総合1番手を獲得した2013年8月の第11戦チェコGP以来となるトップ3入りを果たした。

CWM-LCR・ホンダのカル・クラッチローは、開幕戦カタールGPの2日目に4番時計と2番時計を記録。初日の5番手からフリー走行総合2番手に浮上して、サテライト勢の最高位に進出した。

シーズンのオープングセッションで5番手発進した後、フリー走行2は、3度のコースインで16ラップを周回すると、1分56秒台を3回、1分55秒台を2回記録して、0.567秒差の4番手。フリー走行3では、3度のコースインで16ラップを周回すると、1分55秒台を1回、1分54秒台を1回記録して、0.096秒差の2番手に浮上。

「当然、今夜のラップタイムがすごく嬉しいけど、セッションの序盤は酷かった。バイクのストレンジなフィーリングがあり、18番手前後を走っていた。以前のセッションのように、リアが機能しなかった。僕たちは他のライダーたちとはタイヤ計画が違うと思う。だから、もしかしたら、これが理由で悪い感じがあったかもしれない。」

「チーム全員が素晴らしい仕事をして、懸命に働いている。今日のスピードとラップタイムがレース結果に相対するかは確かではないけど、そうしたい。僕たちのパッケージでこれほど速いことに驚いているけど、まだペースを良くする必要がある」と、2日目を振り返った。

Tags:
MotoGP, 2015, COMMERCIAL BANK GRAND PRIX OF QATAR, Cal Crutchlow, LCR Honda

Other updates you may be interested in ›

motogp.com
フリー走行3:マルケスが3度目の最速時計

2 years ago

フリー走行3:マルケスが3度目の最速時計

motogp.com
フリー走行3:ロースが初のフリー走行総合1番手

2 years ago

フリー走行3:ロースが初のフリー走行総合1番手

motogp.com
フリー走行2:マルケスが連続の1番時計

2 years ago

フリー走行2:マルケスが連続の1番時計