初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

最年少ミラー、デビュー戦は痛恨の転倒リタイヤ

最年少ミラー、デビュー戦は痛恨の転倒リタイヤ

軽量級からの飛び級で注目が集まったミラーが、デビュー戦での完走を目指したが、最終ラップに転倒。リタイヤを喫したが、4日間で多くのことを学んだことを説明した。

CMW・LCR・ホンダのジャック・ミラーは、最高峰クラスのデビュー戦となった開幕戦カタールGPの決勝レースで、22番グリッドから1ラップ目に12番手に浮上。3ラップ目に23番手に後退したが、15ラップ目に20番手、ラスト2ラップに19番手。ラストラップの7コーナーでカレル・アブラハムを抜こうとした際に転倒を喫した。

「僕たちにとって難しいレースとなってしまった。グッドなスタートで上手く走れていた。いくつかミスを犯してしまったから、少しプッシュして、他のオープンバイクとのギャップを詰めた。本当に良い仕事をして、2人を抜いて、アブラハムを捕まえた。」

「彼を抜くことを急ぎ、突っ込み過ぎて、フロントを失ってしまった。不運にも彼を巻き添えにしてしまった。最終ラップだった。完走できなかったのは残念だけど、沢山のことを学んだ。テキサスで学習過程を継続したい」と、デビュー戦でリタイヤを喫した理由を説明した。

Tags:
MotoGP, 2015, COMMERCIAL BANK GRAND PRIX OF QATAR, Jack Miller, LCR Honda

Other updates you may be interested in ›

motogp.com
ペドロサ、前腕の回復に専念

2 years ago

ペドロサ、前腕の回復に専念

motogp.com
マルケスが最後尾から20人抜き

2 years ago

マルケスが最後尾から20人抜き

motogp.com
決勝レース:フォルガーが中量級で初優勝

2 years ago

決勝レース:フォルガーが中量級で初優勝