初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ペドロサが右前腕を手術

ペドロサが右前腕を手術

右前腕の腕上がりに苦しむペドロサが、腕上がり症状の回復と再発のリスク低減を目指して手術を受け、無事に成功。回復期間は4~6週間が見込まれている。

レプソル・ホンダのダニ・ペドロサは3日、スペインの首都マドリード市内の病院で右前腕の腕上がり症状の回復と再発のリスク低減を目指して、手術を受け無事に成功。約2時間の手術後に退院して、定期的に回復具合を確認することになった。

手術を担当したアンヘル・ビジャモールは、「手術は困難で積極的でした。手術用の顕微鏡を使用した顕微手術により、局所麻酔後に約2時間を要しました。筋収縮による肥大、肥厚した広範囲に渡る筋肉の筋膜を切開し摘出しました。この筋膜が苦痛の原因でした。今後の数週間は定期的、徹底的に手術後の検査を続け、回復状況を確認します」と、説明した。

Tags:
MotoGP, 2015, Dani Pedrosa, Repsol Honda Team

Other updates you may be interested in ›

motogp.com
ペドロサが手術/青山が代役

2 years ago

ペドロサが手術/青山が代役