初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ヘイデン:「ホームレースが楽しみ」

ヘイデン:「ホームレースが楽しみ」

シーズン2戦目の主役を担う唯一のアメリカ人ライダー、ヘイデンが、ホームレースでポイント圏内に進出した昨年の再現だけでなく、オープンオプションの最高位獲得に挑戦する。

アスパル・チームのニッキー・ヘイデンは、チャンピオンシップ唯一のアメリカ人ライダーとして、サーキット・オブ・ジ・アメリカズで開催される今年最初のホームレース、第2戦アメリカズGPで今季初ポイントの獲得、オープンオプションの最高位進出に挑戦する。

開幕戦カタールGPでは、17番グリッドからオープンオプションの最高位争いを繰り広げて17位。タイヤのパフォーマンスを引き出すために、電子制御のセットアップを次戦の課題に挙げて、2年前に10番グリッドから9位、昨年14番グリッドから11位に進出したホームトラックに乗り込む。

「サーキット・オブ・ジ・アメリカズの施設は素晴らしい。イベント自体も気に入っているけど、正直トラックのレイアウトはお気に入りではない。多くのコーナーでバイクを止めることが必要で、僕はより流れるようなトラックを好む。路面は最高。サーキット自体も最高。素晴らしい仕事をした。」

「僕たちの現状のレベルを理解している。まだ改良すべき分野がある。特に電子制御。ファンの前で走るホームレースが楽しみだ。カタールではシャーシが少し良くなり、今週末はベストリザルトの獲得に期待する」と、抱負を語った。

Tags:
MotoGP, 2015, RED BULL GRAND PRIX OF THE AMERICAS, Nicky Hayden, Aspar MotoGP Team

Other updates you may be interested in ›