初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ブリヂストンが左周りに左右対称を投入

ブリヂストンが左周りに左右対称を投入

反時計周りのサーキット・オブ・ジ・アメリカズに向けて、タイヤサプライヤーのブリヂストンは、リアに左右非対称のミディアムと左右対称のハードとソフトを準備する。

MotoGP™クラスのオフィシャルタイヤサプライヤー、ブリヂストンは、今週末にサーキット・オブ・ジ・アメリカズで開催される第2戦アメリカズGPに向けて、昨年収集したデータを参考に、リアタイヤに左右対称コンパウンドを投入する。

今年で3度目の開催を迎える当地は、1周5513メートル、右9コーナー、左11コーナーの反時計回りレイアウト。右コーナーの方が深いバンク角での速度が速く、タイヤの温度が右の方が高くなることから、右側が硬く、左側が軟らかいコンパンドを配置。

昨年は、リアにファクトリーオプション用にハード(赤)とミディアム(黒)、オープンオプション用にミディアム(黒)とソフト(白)。ハード(赤)は左側がミディアム、右側はハード、ミディアム(黒)はソフトとミディアム、ソフト(白)はエキストラソフトとソフトの組み合わせだった。

今年は、ファクトリーオプション用にハード(赤)とミディアム(黒)、オープンオプション用にミディアム(黒)とソフト(白)。ハード(赤)はミディアムの左右対称、ミディアム(黒)は左側がソフト、右側がミディアム、ソフト(白)はソフトの左右対称を採用。

フロントは、昨年同様にソフト(白)とミディアム(黒)。オプションとしてハード(赤)を準備する。

Tags:
MotoGP, 2015, RED BULL GRAND PRIX OF THE AMERICAS

Other updates you may be interested in ›

motogp.com
#OnAnySunday

3 years ago

#OnAnySunday