Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行2:ロースが転倒前に今季6度目の最速時計

フリー走行2:ロースが転倒前に今季6度目の最速時計

ハイサイドから今季4度目の転倒を喫したロースだったが、週末2度目、今季6度目の1番手に進出。ザルコ、ラバット、ウエスト、コルシが続き、中上が総合12番手に進出した。

第2戦アメリカズGPのフリー走行2は10日、サーキット・オブ・ジ・アメリカズで行われ、開幕戦カタールGPの週末で好走を見せたが、決勝レースで転倒リタイヤを喫したサム・ロースが週末2度目、今季6度目のトップタイムをマーク。2戦連続して初日総合1番手に進出した。

気温21度、路面温度28度のドライコンディションの中、フリー走行1を制したロースは、15ラップ目にハイサイドから週末2度目、今季4度目の転倒を喫したが、2度のコースインで14ラップを周回すると、2分11秒台を6回、2分10秒台を最多の3回記録。2分10秒563の1番時計を刻んだ。

フリー走行1で2番手のヨハン・ザルコは、2度のコースインで17ラップを周回すると、2分11秒台を最多の7回、2分10秒台を2回記録して、0.096秒差の2番手を維持。

フリー走行1で17番手のティト・ラバットは、20ラップ目に今季2度目の転倒を喫したが、2度のコースインで19ラップを周回すると、2分11秒台を6回、2分10秒台を2回記録して、0.375秒差の3番手に浮上。

フリー走行1で4番手のアンソニー・ウエストは、0.498秒差の4番手を維持。シモーネ・コルシ、フリアン・シモン、アレックス・リンス、サンドロ・コルテセ、フランコ・モルビデッリ、ドミニケ・エガーターがトップ10入り。

フリー走行1で12番手の中上貴晶は、2度のコースインで17ラップを周回すると、2分12秒台を4回、2分11秒台を1回記録して、1.276秒差の12番手を維持した。

24歳の誕生日を迎えたばかりのアクセル・ポンスは、フリー走行1で左手を負傷。精密検査を受けるために病院に搬送されたことから欠場した。

リザルト

Tags:
Moto2, 2015, RED BULL GRAND PRIX OF THE AMERICAS, FP2

Other updates you may be interested in ›

motogp.com
ブリヂストンが左周りに左右対称を投入

2 years ago

ブリヂストンが左周りに左右対称を投入