初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

公式予選:マルケスが3年連続のポールポジション奪取

公式予選:マルケスが3年連続のポールポジション奪取

フリー走行総合1番手のマルケスが、マシンストップ後にサーキットベストラップを更新して、当大会3年連続のポールポジションを獲得。ドビツィオーソ、ロレンソ、ロッシ、クラッチローが続き、青山は明日の決勝レースを6列目18番グリッドから迎える。

第2戦アメリカズGPの公式予選は11日、サーキット・オブ・ジ・アメリカズで行われ、ランク5位のマルク・マルケスがサーキットベストラップを更新して、週末4度目のトップタイムをマーク。最高峰クラスで23度目、3年連続のポールポジションを奪取した。

気温21度、路面温度25度のドライコンディションの中、フリー走行総合1番手のマルケスは、フリー走行4で2分04秒台を3回、2分03秒台を3回記録。2分03秒548の1番時計を刻んだ後、公式予選2では、4ラップ目にマシンがストップ。トラックサイドにRC213Vを停止させて、ピットボックスに走って戻り、バイクを乗り換えると、最後のタイムアタックでサーキットベストラップ(2分02秒773)を0.638秒更新する2分02秒135の1番時計を刻んだ。

フリー走行総合8番手のアンドレア・ドビツィオーソは、フリー走行4で2分04秒台を8回記録して、0.707秒差の3番手。公式予選2では、0.339秒差の2番手に入り、2戦連続の1列目を獲得。

フリー走行総合3番手のホルヘ・ロレンソは、フリー走行4で2分04秒台を4回、2分03秒台を2回記録して、0.355秒差の2番手。公式予選2では、0.405秒差の3番手に入り、今季初めて1列目に進出。

フリー走行総合4番手のバレンティーノ・ロッシは、フリー走行4で2分04秒台を4回記録して、0.794秒差の4番手。公式予選2では、0.438秒差の4番手を維持。

フリー走行総合2番手のカル・クラッチローは、フリー走行4で2分04秒台を2回記録して、0.933秒差の6番手。公式予選2で0.478秒差の5番手に入れば、フリー走行総合9番手のスコット・レディングが最高峰クラスで自己最高位となる6番手に進出。

フリー走行総合11番手のアンドレア・イアンノーネは、フリー走行4で2分04秒台を6回記録して、0.818秒差の5番手。公式予選2で2分03秒644の1番時計を記録すると、公式予選2では7番手。フリー走行総合7番手のアレイシ・エスパルガロ、フリー走行総合6番手のポル・エスパルガロ、フリー走行総合5番手のブラドリー・スミスがトップ10入り。

フリー走行総合10番手のダニロ・ペトルッチは、初めて公式予選2に直接進出して11番手。フリー走行総合12番手のマーベリック・ビニャーレスは、公式予選1で2番手。新人勢1番乗りの公式予選2に進出して12番手。

フリー走行総合15番手のエクトル・バルベラは、公式予選1で3番手に入り、2戦連続してオープンオプションの最高位に進出。

フリー走行総合18番手の青山博一は、フリー走行4で2分06秒台を5回記録して、2.480秒差の19番手。公式予選1では8番手に入り、明日の決勝レースを6列目18番グリッドから迎える。

リザルト

Tags:
MotoGP, 2015, RED BULL GRAND PRIX OF THE AMERICAS, Jorge Lorenzo, Marc Marquez, Andrea Dovizioso, Ducati Team, Repsol Honda Team, Movistar Yamaha MotoGP

Other updates you may be interested in ›

motogp.com
マルケスが2号車乗り換え後に最速時計

2 years ago

マルケスが2号車乗り換え後に最速時計