初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ビニャーレスが新人勢1番乗りの公式予選2進出

ビニャーレスが新人勢1番乗りの公式予選2進出

アクセルワークだけでデビュー戦を乗り切ったビニャーレスが、初転倒を喫した後に公式予選1を突破して、新人勢で誰よりも早く公式予選2に進出した。

チーム・スズキ・エクスターのマーベリック・ビニャーレスは、第2戦アメリカズGPの公式予選2で12番時計を記録。2年前のMoto3™クラスで2位、昨年のMoto2™クラスで優勝した当大会の決勝レースを4列目から迎える。

フリー走行1で初転倒を喫したが、初日総合15番手だった後、2日目はフリー走行3でトップタイムから1.123秒差の12番手。フリー走行4で2分06秒台を3回、2分05秒台を3回記録して、1.909秒差の14番手。公式予選1では2番手に入り、2戦目で公式予選2に進出。

「ポジティブな1日だった。予選2に進出したことが嬉しいけど、グリッドのベターなポジションを獲得する速いラップができなかった。ソフトタイヤで速いタイムアタックにトライしたけど、経験不足で機会を活かし切ることができなかった。レースに向けて準備の仕事をする必要がある。ペースはすごく良いけど、もっと良くなる。」

「当然しっかりしたパフォーマンスを見つける必要があり、常にパフォーマンスを進化させるために、前戦よりも良いレースをする必要がある」と、電子制御(傾斜を測定するジャイロスコープ)が効かなかった開幕戦14位以上を目標に設定した。

Tags:
MotoGP, 2015, RED BULL GRAND PRIX OF THE AMERICAS, Maverick Viñales, Team SUZUKI ECSTAR

Other updates you may be interested in ›