初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ロレンソが体調回復で3番手に浮上

ロレンソが体調回復で3番手に浮上

体調不良で初日総合11番手だったロレンソが、2日目に2番手と3番手に浮上。公式予選では3番手に入り、体調が回復している走りを見せた。

モビスター・ヤマハ・MotoGPのホルヘ・ロレンソは、第2戦アメリカズGPの公式予選2で3番時計を記録して、昨年10月の第17戦マレーシアGP以来3戦ぶりとなる1列目を獲得。最高峰クラスで89度目、キャリア通算で138戦目のトップ3入りを果たした。

体調不良が原因で初日総合11番手だった後、2日目はフリー走行3でトップタイムから0.345秒差の3番手。フリー走行4は、2分04秒台を4回、2分03秒台を2回記録して、0.355秒差の2番手に浮上。公式予選2では、0.405秒差の3番手に入り、今季初めて1列目に進出。

「予選はいつものようにエキサイティングだった。ポジションがめまぐるしく入れ替わり、体調は万全ではなかったけど全力でトライした。1ラップはそれほど悪くない。このラップタイムを出すために全力で出し切ることができ、ラップタイムとポジションが本当に嬉しい。トップ5入りを期待していなかった。」

「明日の天候を確認しよう。個人的にはドライレースを好むけど、体調を考えれば、ウェットが良いだろう。このトラックがヤマハにとって良くなっていることが嬉しい。昨年同様にフロントタイヤの右側が早く消耗してしまう。今の体調はまあまあ。抗生物質が効いている。明日は完璧な状態になる必要がある」と、予選を振り返り、体調を説明した。

Tags:
MotoGP, 2015, RED BULL GRAND PRIX OF THE AMERICAS, Jorge Lorenzo, Movistar Yamaha MotoGP

Other updates you may be interested in ›