初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

決勝レース:ケントが独走優勝でランク1位に浮上

決勝レース:ケントが独走優勝でランク1位に浮上

ランク3位のケントが2012年の日本GP以来となる2度目のポール・トゥ・ウインを決めて、暫定ランク1位に浮上。最年少のクアルタラロと最年長のバスケスが続き、ホンダが2戦連続して表彰台を独占。尾野と鈴木は転倒リタイヤを喫した。

第2戦アメリカズGPの決勝レースは12日、サーキット・オブ・ジ・アメリカズで行われ、ランク3位のダニー・ケントが2012年から始まったMoto3™クラスのドライコンディションにおいて最大のタイムアドバンテージとなる8.532秒差の独走で、2012年11月の最終戦バレンシアGP以来通算3勝目を挙げて、キャリア初のポイントリーダーに飛び出した。

気温22度、路面温度22度。路面の一部が濡れたドライコンディションの中、昨年10月の第15戦日本GP以来3度目のポールポジションからスタートしたケントは、中盤に入ると、プラクティスを再現する走りでライバルたちを引き離して、2012年10月の第15戦日本GP以来2度目のポール・トゥ・フィニッシュを決めた。

6番グリッドのファビオ・クアルタラロは、5人による2位争いに競り勝って、史上7人目となる15歳での表彰台(史上最年少表彰台獲得ランクの6番目)を獲得すれば、16番グリッドのエフレン・バスケスが3位表彰台を獲得。8番グリッドのエネア・バスティアニーニが続き、ホンダが2戦連続して表彰台、トップ4独占を達成。

11番グリッドのブラッド・ビンダー、15番グリッドのジョン・マックフィー、3番グリッドのアンドレア・ロカテリ、19番グリッドのロマーノ・フェナティ、7番グリッドのイサック・ビニャーレス、20番グリッドのカレル・ハニカがトップ10入り。

10番グリッドのアレックス・マスボーは、表彰台争い中の最終ラップ最終コーナーで転倒。バイクを押して16位でゴールラインを通過すれば、朝の霧によりスタートが30分遅れたウォームアップ走行で週末2度目の1番時計を記録した4番グリッドのニッコロ・アントネッリは、2番手走行中の4ラップ目に転倒。レースに復帰して23位でゴール。

2番グリッドのミゲール・オリベイラは、2番手走行中の6ラップ目に転倒リタイヤ。5番グリッドのホルヘ・ナバーロ、9番グリッドのフランセスク・バグナイアも転倒リタイヤ。

ウォームアップ走行で19番手だった17番グリッドの尾野弘樹は、トップグループで走行中の4ラップ目に転倒。ウォームアップ走行で週末2度目の転倒を喫した27番手だった29番グリッドの鈴木竜生は、最終ラップに転倒リタイヤを喫した。

チャンピオンシップは、ケントがキャリアで初めてランク1位に飛び出して、ランク2位を維持したバスティアニーニに8ポイント差、ランク3位のクアルタラロに12ポイント差のアドバンテージを広げた。

次戦アルゼンチンGPは、テルマス・デ・リオ・オンドで17日に開幕、19日に決勝レースが行われる。

リザルト

Tags:
Moto3, 2015, RED BULL GRAND PRIX OF THE AMERICAS, RAC, Fabio Quartararo, Danny Kent, Efren Vazquez

Other updates you may be interested in ›

motogp.com
#MM93PoleRush

2 years ago

#MM93PoleRush

motogp.com
公式予選:マルケスが3年連続のポールポジション奪取

2 years ago

公式予選:マルケスが3年連続のポールポジション奪取

motogp.com
マルケスが2号車乗り換え後に最速時計

2 years ago

マルケスが2号車乗り換え後に最速時計