初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ロレンソが体調不良な中で2戦連続の4位

ロレンソが体調不良な中で2戦連続の4位

気管支炎による体調不良の中、ロレンソが表彰台争いまで挽回する走りを見せて、開幕から2戦連続の4位を獲得した。

モビスター・ヤマハ・MotoGPのホルヘ・ロレンソは、第2戦アメリカズGPの決勝レースで、3番グリッドから4位。開幕戦カタールGPから2戦連続の4位に進出して、ランク4位から5位に後退した。

ウォームアップ走行でトップタイムから1.315秒差の8番手だった後、フロントタイヤ、リアタイヤ共にミディアムコンパウンドを選択すると、1列目から1ラップ目に他車との接触で前のグループから離されて5番手、7ラップ目には6番手に後退したが、安定した2分05秒前半のペースで着実に追い上げ、11ラップ目にブラドリー・スミス、ラスト3ラップにはアンドレア・イアンノーネを抜いた。

「気管支炎と抗生物質が原因で体調が良くなかったから非常に厳しいレースになってしまったけど、この状況の中で良い形でレースを終えることができた。僕自身は好調ではなく、バイクは特にストレートで大きくタイムロスした。カタールとオースティンで克服すべき困難な問題があったけど、少なくても可能な範囲の中で良い形で状況を救った。」

「もしかしたら、アルゼンチンでは上手く行くかもしれない。昨年は万全な状態でない中でグッドなレースだった。バイクは良く機能する。体調を回復させたい。アルゼンチンが楽しみだ」と、4位進出を評価した。

Tags:
MotoGP, 2015, RED BULL GRAND PRIX OF THE AMERICAS, Jorge Lorenzo, Movistar Yamaha MotoGP

Other updates you may be interested in ›

motogp.com
マルケスが最高峰クラスで20勝目

2 years ago

マルケスが最高峰クラスで20勝目