初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

第3戦アルゼンチンGP:Moto2™クラスプレビュー

第3戦アルゼンチンGP:Moto2™クラスプレビュー

2戦を終えて6名が表彰台を獲得した後、新人のリンスが中堅勢を抑えて、ポイントリーダーに進出。ザルコ、ロース、シメオン、モルデビリ、ラバットが優勝、表彰台に挑戦する。

第3戦アルゼンチンGPは、アウトドルモ・テルマス・デ・リオ・オンドで17日に開幕、19日に決勝レースで行われ、開幕戦カタールGPから新人勢5名の中で連続して最高位に進出したアレックス・リンスが、ポイントリーダーとして乗り込む。

オフィシャルテストでは悪天候に見舞われたことから走り込みができなかったが、250ccマシンから600ccマシンへの素早い順応を見せて、開幕戦4位、前戦アメリカズGPで3位を獲得したリンスは、昨年Moto3™クラスで8番グリッドから5位に進出。チームメイトのルイス・サロンは、中量級での初表彰台を獲得した当地で、2戦連続転倒リタイヤの悪い流れを断ち切りたいところ。

オフィシャルテストから安定して上位に進出したヨハン・ザルコとサム・ロースは、開幕戦のうっ憤を晴らすように前戦で中量級の最高位となる2位と1位を獲得して、1ポイント差のランク2位、4ポイント差のランク4位に浮上。当然3戦目の主役として注目が集まる。

16ポイント差のランク10位、ティト・ラバットは、ミカ・カリオらと共にカレックスの2015年型に対して、予想以上に適応できず苦戦しているが、事前テストのアドバンテージを活かして、昨年ポールポジションから優勝した当地で、欧州ラウンドを前にポイントギャップを詰めたいところ。

開幕戦で14位、前戦で10位に進出した中上貴晶は、21ポイント差のランク14位。復調の兆しを見せて、昨年10番グリッドから15位に進出したトラックで、3戦連続のポイント連取、2013年10月の第17戦日本GP以来となるシングルフィニッシュを目指す。

Tags:
Moto2, 2015, GRAN PREMIO RED BULL DE LA REPÚBLICA ARGENTINA

Other updates you may be interested in ›

motogp.com
パドックガールズ

2 years ago

パドックガールズ