初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

第3戦アルゼンチンGP:Moto3™クラスプレビュー

第3戦アルゼンチンGP:Moto3™クラスプレビュー

毎戦混戦が展開される軽量級で独走優勝したケントが、キャリアで初めてポイントリーダーに浮上。2戦連続して表彰台を独占するホンダ勢に、昨年優勝したKTM、今季初表彰台を目指すハスクバーナ、マヒンドラが挑戦する。

第3戦アルゼンチンGPは、アウトドルモ・テルマス・デ・リオ・オンドで17日に開幕、19日に決勝レースで行われ、開幕戦カタールGPから唯一表彰台を連取したダニー・ケントが、ポイントリーダーとして乗り込む。

フル参戦5年目にキャリアのベストスタートを切ったケントは、2012年に始まったMoto3™クラスにおいて、ドライでの最大タイム差となる8.532秒差のアドバンテージを広げる快走を見せ、昨年転倒後に9位でフィニッシュした当地に挑戦。前戦3位表彰台を獲得したランク4位のエフレン・バスケスは、チームメイトとの12ポイント差を詰めに行き、上位走行中に2戦連続の転倒リタイヤを喫した尾野弘樹は、初めてのトラックで今季初ポイントを目指す。

2戦連続して優勝、表彰台争いを展開したランク2位のエネア・バスティアニーニ、ランク3位のファビオ・クアルタラロ、ランク5位のアレックス・マスボー、ランク6位のジョン・マックフィー、ランク9位のアンドレア・ロカテリ、ランク11位のニッコロ・アントネッリは、勢いに乗って当地に乗り込む。

KTMとハスクバーナを走らせるランク7位のブラッド・ビンダー、ランク8位のイサック・ビニャーレス、ランク10位のカレル・ハニカ、2戦連続転倒のミゲール・オリベイラは、今季初の表彰台を狙い、ランク12位のロマーノ・フェナティは、昨年優勝した当地で浮上のきっかけを掴みたいところ。

前戦で転倒リタイヤを喫した鈴木竜生は、初挑戦のトラックで完走を目標に経験値を高めに行く。

Tags:
Moto3, 2015, GRAN PREMIO RED BULL DE LA REPÚBLICA ARGENTINA

Other updates you may be interested in ›