初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

第3戦アルゼンチンGP:MotoGP™クラスプレビュー

第3戦アルゼンチンGP:MotoGP™クラスプレビュー

序盤2戦を終えて、ヤマハ、ドゥカティ、ホンダのファクトリーオプション、サテライト勢、オープンオプションが均衡したバトルを展開。ヨーロッパラウンドを前に、2連戦の2戦目が開催2年目となるアウトドルモ・テルマス・デ・リオ・オンドで開催される。

第3戦アルゼンチンGPは、アウトドルモ・テルマス・デ・リオ・オンドで17日に開幕、19日に決勝レースで行われ、開幕戦カタールGPから2戦連続して表彰台を連取したバレンティーノ・ロッシが、ポイントリーダーとして乗り込む。

首都のブエノスアイレスから1,000㎞ほど離れたサンティアゴ・デル・エステロ州のテルマス・デ・リオ・オンドに位置する当地は、2008年に開設。チャンピオンシップの開催を目的に改修工事が行われ、1年前に初開催、1999年以来となる通算10度目の当大会が開催された。

開幕戦優勝、前戦アメリカズGPで3位表彰台を獲得したロッシは、昨年6番グリッドから序盤にミスと他車に押し出されて表彰台獲得の機会を失ったが、4.8秒差の4位に進出。3戦連続のポイントリーダーを確保できるか注目が集まれば、2戦連続4位進出でランク5位に位置するホルヘ・ロレンソは、昨年2番グリッドからレースの主導権を握る好走を見せて、3位表彰台を獲得。昨年の再現で今季初表彰台、初優勝を目指す。

2戦連続の2位により、ポイントリーダーから1ポイント差のランク2位に位置するアンドレア・ドビツィオーソは、昨年5番グリッドからオイル漏れによるパワーダウンとフロントタイヤの選択ミスが原因で9位。昨年6位だったランク4位のアンドレア・イアンノーネと共に2戦連続の表彰台争いに挑戦する。

前戦で今季初優勝を挙げて、5ポイント差のランク3位に浮上したマルク・マルケスは、昨年ポールポジションから優勝。勢いに乗って、南米に移動すれば、2戦連続の負傷代役となる青山博一は、昨年16番グリッドからオープンオプションの最高位となる10位に進出。11位に進出した前戦の経験を活かして、上位陣とのタイムギャップを詰めに行く。

コンストラクター部門の4位、チーム部門の5位に進出するスズキのファクトリーチームは、昨年アレイシ・エスパルガロが4番グリッドから1ラップ目に転倒を喫した後に15位まで挽回。マーベリック・ビニャーレスは、4番グリッドから3ラップ目に転倒リタイヤを喫したが、今年の復帰に向けて、昨年グランプリ終了後に2日間のプライベートテストを実施。ウェットコンディションだったが、貴重なデータを収集した。

前戦で初ポイントを獲得したアプリリアは、1ラップ目に接触転倒リタイヤを喫したアルバロ・バウティスタと当地初走行となるマルコ・メランドリが実践での開発、データ収集を目的に完走を目指す。

ポテンシャルが均衡するサテライト勢は、前戦でカテゴリーの最高位に進出したランク6位のブラドリー・スミス、HRCから新しいフレームが投入されたランク7位のカル・クラッチロー、コロンビア出身のヨニー・エルナンデェスに注目。

オープンオプションは、2戦連続してカテゴリーの最高位に進出したランク15位のエクトル・バルベラ、前戦で初ポイントを獲得したランク16位のニッキー・ヘイデンが中心。初参戦組のユージン・ラバティとロリス・バスは、素早い順応が要求される。

Tags:
MotoGP, 2015, GRAN PREMIO RED BULL DE LA REPÚBLICA ARGENTINA

Other updates you may be interested in ›