初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

マルケス、初日は総合3番手

マルケス、初日は総合3番手

前戦に優勝でランク3位に浮上したマルケスが、初開催の昨年に優勝を挙げたアルゼンチンで手応えの3番手発進を決めた。

レプソル・ホンダのマルク・マルケスは、第3戦アルゼンチンGPの初日に10番時計と3番時計を記録。初日総合3番手に進出して、4戦連続の初日総合1番手を逃したが、トラックコンディションに上手く対応したことを説明した。

前戦アメリカズGPで今季最初のポール・トゥ・フィニッシュを決めた後、昨年ポール・トゥ・フィニッシュを獲得したアウトドルモ・テルマス・デ・リオ・オンドに乗り込むと、フリー走行1はトップタイムから1.799秒差の10番手。フリー走行2は、3度のコースインで15ラップを周回すると、1分40秒台を6回、1分39秒台を1回記録して、0.560秒差の3番手に浮上した。

「すごく嬉しい。トラックはベストなコンディションではなかった。最初のプラクティスでは非常に滑ったけど、2度目は良くなった。少しずつ良くなり、少しずつ快適さが見つかった。週末の鍵は路面のグリップ変化を理解して、セッティングを変更して行くことだと思う。僕たちはグッドなレベルだ」と、週末の対策を説明した。

Tags:
MotoGP, 2015, GRAN PREMIO RED BULL DE LA REPÚBLICA ARGENTINA, Marc Marquez, Repsol Honda Team

Other updates you may be interested in ›