Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行2:ザルコが最終戦以来の初日総合1番手

フリー走行2:ザルコが最終戦以来の初日総合1番手

前戦で中量級での最高位に進出したザルコが最速ペースで周回を重ねて、3戦ぶりに初日総合1番手。ロース、カリオ、ラバット、バルダッサーリが続き、中上は21番手だった。

第3戦アルゼンチンGPのフリー走行2は17日、アウトドルモ・テルマス・デ・リオ・オンドで行われ、ランク2位のヨハン・ザルコは今季3度目のトップタイムをマーク。昨年11月の最終戦バレンシアGP以来となる初日総合1番手に飛び出した。

気温21度、路面温度28度のドライコンディションの中、フリー走行1で6番手だったザルコは、3度のコースインで19ラップを周回すると、1分44秒台を2回、1分43秒台を最多の11回記録。1分43秒239の1番時計を刻んだ。

フリー走行1で7番手のサム・ロースは、3度のコースインで20ラップを周回すると、1分44秒台を6回、1分43秒台を4回記録して、0.067秒差の2番手。

フリー走行1で19番手のミカ・カリオは、2度のコースインで22ラップを周回すると、1分44秒台を8回、1分43秒台を5回記録して、0.187秒差の3番手に浮上。

フリー走行1で2番手のティト・ラバットは、2度のコースインで最多の24ラップを周回すると、1分44秒台を最多の13回、1分43秒台を5回記録して、0.192秒差の4番手。フリー走行1で3番手のロレンソ・バルダッサーリ、フリー走行1で15番手のチャビエル・シメオン、フリー走行1で11番手のサンドロ・コルテセ、フリー走行1で14番手のフリアン・シモン、フリー走行1で9番手のシモーネ・コルシ、フリー走行1で8番手のアンソニー・ウエストがトップ10入り。

フリー走行1で23番手のアレックス・リンスは、0.700秒差の13番手。フリー走行1を制したジョナス・フォルガーは、ラップタイムを更新できず15番手に後退したが、初日総合は7番手。

フリー走行1で13番手の中上貴晶は、2度のコースインで21ラップを周回すると、1分45秒台を5回、1分44秒台を10回記録して、1.019秒差の21番手だった。

リザルト

Tags:
Moto2, 2015, GRAN PREMIO RED BULL DE LA REPÚBLICA ARGENTINA, FP2, Johann Zarco, Mika Kallio, Sam Lowes

Other updates you may be interested in ›

motogp.com
ブリヂストンがスペシャルタイヤを投入

2 years ago

ブリヂストンがスペシャルタイヤを投入

motogp.com
ロレンソ、勢いを掴みに行く

2 years ago

ロレンソ、勢いを掴みに行く

motogp.com
第3戦アルゼンチンGP:MotoGP™クラスプレビュー

2 years ago

第3戦アルゼンチンGP:MotoGP™クラスプレビュー