初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

エスパルガロ弟、初めて公式予選2進出逃す

エスパルガロ弟、初めて公式予選2進出逃す

0.014秒差で公式予選2に進出できず、公式予選1で8番手に沈んだエスパルガロ弟だったが、ワーストグリッドからの巻き返しに自信を見せた。

モンスター・ヤマハ・テック3のポル・エスパルガロは、第3戦アルゼンチンGPの公式予選1で8番手。2年目の最高峰クラスで初めて公式予選2への進出を逃し、昨年11番グリッドから8位だった明日の決勝レースを6列目18番グリッドから迎える。

前戦アメリカズGPの決勝レース1ラップ目に他車の転倒に巻き込まれて転倒リタイヤを喫した際に、右肩を痛めたことから、サーキット近郊のサンティアゴ・デル・エステロ市内の病院で精密検査を受けた結果、大事には至らず、フリー走行1から走行を開始。15番手、7番手、11番手。フリー走行4は、2度のコースインで16ラップを周回すると、1分40秒台を8回記録して、0.782秒差の9番手。

最高峰クラスのデビュー戦となった昨年3月の開幕戦カタールGP以来となる2度目の公式予選1では、0.872秒差の8番手。「ものごとの進み方に何も満足できない。初日はタイヤテストをしながら、レースペースの仕事に取り組み、悪くなかった。フリー走行3は、僅か0.014秒差で公式予選2を逃してしまった。ヤマハオフィシャルからコンマ3秒差だった。」

「公式予選1に自信があった。今年は何度かこのような状況が起こることを覚悟していたけど、酷かった。データをしっかり分析する必要がある。2度のコースインでタイムアタックを仕掛けるはずだったけど、今のバイクの状態では不可能だった。正直、原因が解らない。明日は辛抱強く、最善の手段で、どこまで行けるか試してみよう。難しいけど、フィーリングは悪くないから、グッドなレースができると自分に自信を持つ必要がある」と、巻き返しを誓った。

Tags:
MotoGP, 2015, GRAN PREMIO RED BULL DE LA REPÚBLICA ARGENTINA, Pol Espargaro, Monster Yamaha Tech 3

Other updates you may be interested in ›

motogp.com
フリー走行3:マルケスが2年連続のフリー走行総合1番手

3 years ago

フリー走行3:マルケスが2年連続のフリー走行総合1番手