初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

公式予選:オリベイラが通算2度目のポールポジション

公式予選:オリベイラが通算2度目のポールポジション

フリー走行総合3番手のオリベイラがサーキットベストラップを更新する最速時計を記録。ケント。アントネッリが続き、尾野と鈴木は9番手と32番手だった。

第3戦アルゼンチンGPの公式予選は18日、アウトドルモ・テルマス・デ・リオ・オンドで行われ、開幕戦カタールGPから2戦連続の転倒によりまだポイントを稼いでいないミゲール・オリベイラが、週末1度目、今季3度目のトップタイムをマーク。2013年6月の第7戦TTアッセン以来通算2度目のポールポジションを奪取した。

気温21度、路面温度37度のドライコンディションの中、フリー走行総合3番手のオリベイラは、3度のコースインで16ラップを周回すると、1分49秒台を5回、1分48秒台を1回記録。サーキットベストラップを樹立する1分48秒461の1番時計を刻んだ。

フリー走行総合1番手のダニー・ケントは、3度のコースインで18ラップを周回すると、1分49秒台を最多の6回、1分48秒台を最多の3回記録して、0.050秒差の2番手に入り、2戦連続の1列目を確保。

フリー走行総合12番手のニッコロ・アントネッリは、3度のコースインで15ラップを周回すると、1分49秒台を5回、1分48秒台を2回記録して、0.204秒差の3番手に入り、今季2度目の1列目を獲得。フリー走行総合2番手のエフレン・バスケス、フリー走行総合18番手のイサック・ビニャーレス、フリー走行総合6番手のカレル・ハニカ、フリー走行総合11番手のホルヘ・ナバーロ、フリー走行総合10番手のロマーネ・フェナティが続いた。

フリー走行総合22番手の尾野弘樹は、3度のコースインで16ラップを周回すると、1分50秒台を3回、1分49秒台を3回記録して、0.841秒差の9番手に進出。フリー走行総合9番手のエネア・バスティアニーニは10番手。

フリー走行総合8番手のアレックス・マスボーは13番手。フリー走行総合4番手のファビオ・クアルタラロは16番手。

フリー走行総合32番手の鈴木竜生、3度のコースインで17ラップを周回すると、1分52秒台を2回、1分51秒台を6回記録して、2.708秒差の32番手だった。

リザルト

Tags:
Moto3, 2015, GRAN PREMIO RED BULL DE LA REPÚBLICA ARGENTINA, QP, Niccolò Antonelli, Danny Kent, Miguel Oliveira

Other updates you may be interested in ›

motogp.com
フリー走行3:マルケスが2年連続のフリー走行総合1番手

3 years ago

フリー走行3:マルケスが2年連続のフリー走行総合1番手