初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

イアンノーネが今季初めて1列目に進出

イアンノーネが今季初めて1列目に進出

ウインターテストから好調のイアンノーネが、予選で3番手に進出して、BMW・M・アワードのランク3位に浮上。リアタイヤのマネジメントが決勝レースの行方を左右することを説明した。

ドゥカティ・チームのアンドレア・イアンノーネは、第3戦アルゼンチンGPの公式予選で3番時計を記録。昨年11月の最終戦バレンシアGP以来、最高峰クラスで通算6度目となる1列目から昨年8番グリッドから6位に進出した決勝レースに挑戦する。

初日で連続2番手に進出した後、フリー走行3はトップタイムから0.189秒差の3番手。フリー走行4は、3度のコースインで13ラップを周回すると、1分40秒台を7回、1分39秒台を1回記録して、0.698の7番手に後退したが、公式予選2では、0.665秒差の3番手まで挽回。

「1列目は僕たちの目標で、それを達成するためのマネジメントができたから嬉しいけど、チームと一緒にソフトタイヤのパフォーマンスを最大限に引き出す解決策を見つける必要がある。とにかく、僕たちは良い仕事をした。チームは僕を助けてくれ、セッション毎にセットアップが良くなった。これは非常に重要なこと。明日はグッドなスタートを切って、僕たちはエキストラハードが使えないから、リアタイヤにストレスをかけないようにしよう。上位陣とバトルがしたい」と、リアタイヤのマネジメントがレースを左右することを説明した。

Tags:
MotoGP, 2015, GRAN PREMIO RED BULL DE LA REPÚBLICA ARGENTINA, Andrea Iannone, Ducati Team

Other updates you may be interested in ›

motogp.com
フリー走行3:マルケスが2年連続のフリー走行総合1番手

2 years ago

フリー走行3:マルケスが2年連続のフリー走行総合1番手

motogp.com
フリー走行2:エスパルガロ兄&スズキが初日総合1番手

2 years ago

フリー走行2:エスパルガロ兄&スズキが初日総合1番手