Tickets purchase
VideoPass purchase

ペトルッチが自己最高位の7番手を獲得

ペトルッチが自己最高位の7番手を獲得

昨年11月のオフィシャルテストで注目を集めたペトルッチが、予選の自己最高位獲得に興奮。決勝レースでは周囲に食らいつくことを誓った。

プラマック・レーシングのダニロ・ペトルッチは、第3戦アルゼンチンGPの公式予選2で自己最高位となる7番手を獲得。昨年は最後尾23番グリッドから1ラップ目に他車との接触転倒でリタイヤを喫したが、明日の決勝レースを開幕戦カタールGPに続く2度目の3列目から迎える。

前戦アメリカズGPで初めて公式予選2に直接進出して、2012年11月の最終戦バレンシアGP以来となる通算2度目のトップ10入りを達成した後、フリー走行1から17番手、13番手、8番手。フリー走行4は、2度のコースインで11ラップを周回すると、1分41秒台を4回、1分40秒台を4回記録して、1.336秒差の15番手に後退したが、公式予選2では、サテライト勢の2番手となる0.984秒差の7番手に進出。

「公式予選2は、僕たちのビックな目標。仕事と時間をセーブすることが許され、タイヤを温存することができる。レースペースはあまり良くないから、明日の朝にフルタンク時のコーナー進入とリアグリップの改善に向けて幾つかの解決策を試してみよう。とにかく、予選が楽しかった。僕の前には数人がいるだけ。みんなトップライダーだ。3列目はスリリング。本当にタフだけど、彼らに食らいついて行きたい」と、3戦目の抱負を語った。

Tags:
MotoGP, 2015, GRAN PREMIO RED BULL DE LA REPÚBLICA ARGENTINA, Danilo Petrucci, Octo Pramac Racing

Other updates you may be interested in ›

motogp.com
フリー走行3:マルケスが2年連続のフリー走行総合1番手

2 years ago

フリー走行3:マルケスが2年連続のフリー走行総合1番手

motogp.com
フリー走行2:エスパルガロ兄&スズキが初日総合1番手

2 years ago

フリー走行2:エスパルガロ兄&スズキが初日総合1番手