初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

決勝レース:ロッシが逆転で今季2勝目

決勝レース:ロッシが逆転で今季2勝目

ポイントリーダーのロッシが、タイヤ選択が功を奏して逆転優勝。アルゼンチンで1998年以来の優勝を挙げれば、ドビツィオーソが3戦連続の2位。クラッチローが初表彰台。マルケスと青山は転倒リタイヤを喫した。

第3戦アルゼンチンGPの決勝レースは19日、アウトドルモ・テルマス・デ・リオ・オンドで行われ、ポイントリーダーのバレンティーノ・ロッシが逆転で開幕戦カタールGPに続く今季2勝目を挙げ、タイトル争いにおいて、ライバルたちとのポイントアドバンテージを広げた。

気温29度、路面温度36度のドライコンディションの中、8番グリッドのバレンティーノは、フロントにハード、リアにエキストラハードのタイヤを選択すると、6ラップ目に5番手、9ラップ目に4番手、10ラップ目に3番手、11ラップ目に2番手、20ラップ目にサーキットレコード、ラスト2ラップにはトップに浮上。当地初優勝で最高峰クラス84勝目、キャリア通算110勝目を挙げた。

6番グリッドのアンドレア・ドビツィオーソは、フロント、リア共にハードタイヤを装着。開幕から3戦連続の2位を獲得すれば、4番グリッドのカル・クラッチローもフロント、リア共にハードタイヤを選択。最終ラップに逆転して、今季初めて表彰台を獲得。

3番グリッドのアンドレア・イアンノーネは4位。5番グリッドのホルヘ・ロレンソは5位。10番グリッドのブラドリー・スミス、2番グリッドのアレイシ・エスパルガロ、18番グリッドのポル・エスパルガロ、11番グリッドのスコット・レディング、9番グリッドのマーベリック・ビニャーレスがトップ10入り。

21番グリッドのジャック・ミラーは、7人による12位争いに競り勝って、オープンオプションの最高位に進出。

ウォームアップ走行で週末4度目、今季13度目の1番時計を刻んだポールポジションのマルケスは、フロント、リア共にハードタイヤを選択。1ラップ目をトップで通過すると、2ラップ目にサーキットレコードを更新。10ラップ目には、2番手に4.363秒差のアドバンテージを広げたが、ラスト2ラップに2番手に後退した直後にロッシ車に接触して、昨年10月の第16戦オーストラリアGP以来となる転倒リタイヤ。

13番グリッドのヨニー・エルナンデェスは、8番手走行中にデスモセディチGP14.2が炎上して、2戦連続してリタイヤ。

15番グリッドの青山博一は、フロントにミディアム、リアにハードのタイヤを装着。7番グリッドのダニロ・ペトルッチとの11位争い中にラストラップに初転倒を喫してリタイヤした。 

チャンピオンシップは、ポイントリーダーのロッシがランク2位のドビツィオーソに6ポイント差、ランク3位に再浮上したイアンノーネに26ポイント差のアドバンテージを広げた。

次戦スペインGPは、ヘレス・サーキットで来月1日に開幕、3日に決勝レースが行われる。

決勝レース-リザルト

Tags:
MotoGP, 2015, GRAN PREMIO RED BULL DE LA REPÚBLICA ARGENTINA, RAC, Andrea Dovizioso, Marc Marquez, Cal Crutchlow, Valentino Rossi, Ducati Team, LCR Honda, Movistar Yamaha MotoGP, Repsol Honda Team

Other updates you may be interested in ›

motogp.com
公式予選2:マルケスが2年連続のポールポジションを奪取

2 years ago

公式予選2:マルケスが2年連続のポールポジションを奪取

motogp.com
フリー走行3:マルケスが2年連続のフリー走行総合1番手

2 years ago

フリー走行3:マルケスが2年連続のフリー走行総合1番手