初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

クラッチローが新天地で初表彰台を獲得

クラッチローが新天地で初表彰台を獲得

昨年負傷欠場を強いられたクラッチローだったが、2戦連続の7位に進出した後、今季のベストグリッドから今季のベストリザルトとなる3位表彰台を獲得した。

CMW・LCR・ホンダのカル・クラッチローは、第3戦アルゼンチンGPの決勝レースで、今季の最高位となる4番グリッドから3位を獲得。ウェットレースとなった昨年9月の第14戦アルゼンチンGP以来7戦ぶり、通算8度目の表彰台を獲得した。

ウォームアップ走行で2番手に進出した後、フロントに硬め選択のハード、フロントに柔らか目選択のハードタイヤを装着(マルク・マルケスと同じ選択)。序盤はグループ内で走行すると、終盤にはアンドレア・イアンノーネとのバトルを展開。0.054秒差で競り勝ち、開幕戦に続く今季2度目のサテライト勢最高位に進出。

「表彰台獲得がとても嬉しい。表彰台に到達するとき、全体的に速かったということ。チームは素晴らしい仕事をしてくれ、3位獲得に向けて、僕たちは懸命に働いた。計画は、スタートでマルク(・マルケス)を先に行かせて、他車を抑え、最後までプッシュすることだった。中盤はあまり良くなくて、何度かバイクがロックしてしまい、2度ほどミスを犯してしまったけど、全力を尽くした。4番グリッドだったから4位でも嬉しかった。マルクが転倒してしまったけど、僕たちに相応しいバトルができた」と、新天地での初表彰台を喜んだ。

Tags:
MotoGP, 2015, GRAN PREMIO RED BULL DE LA REPÚBLICA ARGENTINA, Cal Crutchlow, LCR Honda, #ArgentinaGP

Other updates you may be interested in ›

motogp.com
パドックガールズ

2 years ago

パドックガールズ

motogp.com
マラドーナに捧げる勝利

2 years ago

マラドーナに捧げる勝利