初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

バスが3戦目でポイント圏内進出

バスが3戦目でポイント圏内進出

ポイント圏内の進出を参戦1年目の目標に設定したバスが、スーパーバイク世界選手権から転向3戦目に14位、オープンオプションの3番手に進出した。

アシーナ・フォワード・レーシングのロリス・バスは、第3戦アルゼンチンGPの決勝レースで、22番グリッドから14位。スーパーバイク世界選手権から転向後、3戦目でポイント圏内に進出して、ランク19位に浮上した。

最高峰クラスのデビュー戦となった開幕戦カタールGPは、23番グリッドからグリップを失ったフロントタイヤを交換して3ラップ遅れの22位。第2戦アメリカズGPは、20番グリッドから1分08秒差の17位。初めての挑戦となったアウトドルモ・テルマス・デ・リオ・オンドでは、フリー走行1から25番手、25番手、24番手、19番手。

ウォームアップ走行で23番手だった後、オープンオプション勢7人によるバトルの末、優勝者から42秒差でカテゴリーの3番手、チームメイト、ステファン・ブラドルの手前でチャッカーを受けた。

「本当にグッドなレースで、とても満足している。フロントを何度か失い、異なるポジション争いをしながら、フルタンクの序盤で頑張った。レースが進み、フィーリングが良くなると本当にグッドなペースを維持すると、オープンオプションのライバルたちを捕まえた。MotoGP™クラスで初めてのポイントを稼いだ。チームのみんなに感謝したい。僅か3戦目でポイント獲得という目標を達成した」と、手放しで喜んだ。

Tags:
MotoGP, 2015, RED BULL GRAND PRIX OF THE AMERICAS, Loris Baz, Forward Racing, #ArgentinaGP

Other updates you may be interested in ›

motogp.com
パドックガールズ

2 years ago

パドックガールズ