初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ロッシ、8番手も決勝に自信

ロッシ、8番手も決勝に自信

初日総合8番手だったロッシが、公式予選で8番手だったが、2日目2度のプラクティスでペースが良くなり、決勝レースに向けて自信を見せた。

モビスター・ヤマハ・MotoGPのバレンティーノ・ロッシは、第3戦アルゼンチンGPの公式予選2で5番時計。昨年6番グリッドから4位だった明日の決勝レースを2戦連続の2列目から迎える。

初日総合8番手だった後、フリー走行3はトップタイムから0.287秒差の3番手に浮上。フリー走行4は、2度のコースインで15ラップを周回すると、1分40秒台を5回、1分39秒台を6回記録して、0.401秒差の5番手。公式予選2は、1.266秒差の5番手だった。

「もっと上手くできたと感じるから、すごくがっかり。僕たちの作戦は完璧ではなかった。渋滞に出くわしてしまい、不運にもラップタイムを伸ばすことができなかった。その一方で、ハードタイヤでバイクが良く機能して、グレートなペースがある。これが一番重要なこと。トラックの一部で解決する問題があるから仕事の必要がある。レースで全力を発揮できるように改良しよう。ノーマルなタイヤは柔らか過ぎるから、エキストラハードを使うことになるだろう」と、2日目を振り返った。

Tags:
MotoGP, 2015, GRAN PREMIO RED BULL DE LA REPÚBLICA ARGENTINA, Valentino Rossi, Movistar Yamaha MotoGP

Other updates you may be interested in ›