初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

マルケスが新型スイングアームを検証

マルケスが新型スイングアームを検証

左手小指を骨折していることから、2時間の集中的なテストプログラムを実行して、HRCが準備したスイングアームをテストした。

レプソル・ホンダのマルク・マルケスは、2番グリッドから2位を獲得した第4戦スペインGPの開催地、ヘレス・サーキットに延滞して、オフィシャルテストに参加。HRCが準備した新型のスイングアームを検証すると、5度のコースインで31ラップを周回すると、トップタイムから0.460秒差の5番手だった。

「今日の仕事に満足。基本的にスイングアームを試すという計画通りに僅かな周回数だった。HRCのエンジニアたちは、改良点と方向性を理解するために分析することを望んだ。幾つかの改良が許され、大変良い結論があった。例えば、コーナーの進入など苦しむポイントの進化に向けて、多くの情報を収集した」と、テストを評価した。

Tags:
MotoGP, 2015, JEREZ MOTOGP™ OFFICIAL TEST , Marc Marquez, Repsol Honda Team

Other updates you may be interested in ›

Ducati Team
イアンノーネ、ウェット状態で5人抜き

2 years ago

イアンノーネ、ウェット状態で5人抜き

motogp.com
パドックガールズ

2 years ago

パドックガールズ