初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

イアンノーネが左肩を脱臼

イアンノーネが左肩を脱臼

プライベートテストで自己最速時計を記録したが、2度目の転倒の際に左肩を強打して脱臼。ルマンに向けて、治療とリハビリを始める。

ドゥカティ・チームは、第6戦イタリアGPの開催地、ムジェロ・サーキットで2日間のプライベートテストを実施。サテライトチームのプラマック・レーシングに所属した昨年に引き続き参加したアンドレア・イアンノーネは、2日目の12日に9コーナーで転倒を喫した際に左肩を強打したことから、過去に肩の手術を受けたカットーリカ市内の病院に搬送され、精密検査の結果、脱臼が判明。今週末の第5戦フランスGPの参戦に向けて、治療とリハビリに着手する。

前戦スペインGP後、オフィシャルテストに参加せず、ホームレースとなる第6戦イタリアGPを視野に入れたプライベートテストを実行。2日間で2度の転倒を喫したが、85ラップを周回して、昨年公式予選2の2番時計(1分47秒450)に接近、決勝レースで7位だった際のベストタイム(1分48秒407)を上回る1分47秒85を記録。

「重要なテストだったのは確か。レース前のテストは常に有効で、週末に見つけることが難しい幾つかの解決策を検証することができた。2日間のテストの進み方が嬉しい。最後に転んでしまい、左肩を強打してしまったのは不運。とにかく、バイクはまだ新しく、ベストなセットアップを見つける目的のために幾つかの解決策を試す必要があったから、僕たちの仕事に満足している」と、テストを振り返った。

Tags:
MotoGP, 2015, Andrea Iannone, Ducati Team

Other updates you may be interested in ›

Athina Foward Racing
バスが地元デビュー戦

2 years ago

バスが地元デビュー戦

Team SUZUKI ECSTAR
エスパルガロ兄は上位進出に自信

2 years ago

エスパルガロ兄は上位進出に自信