Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行1:ケントが今季2度目の1番手発進

フリー走行1:ケントが今季2度目の1番手発進

ポイントリーダーのケントが最速時計で開幕戦に続き2度目の1番手スタート。フェナティ、アントネッリ、バスティアニーニ、マスボーが続き、尾野と鈴木は27番手と31番手だった。

第5戦フランスGPのフリー走行1は15日、ルマン(ブガッティ・サーキット)で行われ、ポイントリーダーのダニー・ケントが今季10度目のトップタイムをマーク。開幕戦カタールGP以来今季2度目の1番手発進を決めた。

気温13度。路面温度10度。前日の雨により、路面の一部が濡れたドライコンディションの中、前戦スペインGPで今季3勝目を挙げたケントは、2度のコースインで8ラップを周回。1分48秒台を2回、1分46秒台を3回記録して、1分46秒132の1番時計を刻んだ。

ランク10位のロマーノ・フェナティは、1度のコースインで7ラップを周回すると、1分47秒台を2回、1分46秒台を1回記録して、0.709秒差の2番手。

ランク15位のニッコロ・アントネッリは、2度のコースインで11ラップを周回すると、1分48秒台を1回、1分47秒台を3回記録して、1.219秒差の3番手。ランク4位のエネア・バスティアニーニ、ランク9位のアレックス・マスボー、ランク6位のイサック・ビニャーレス、ランク5位のブラッド・ビンダー、ランク17位のヤコブ・コーンフィール、ランク14位のホルヘ・マルティン、ランク18位のリビオ・ロイがトップ10入り。

前戦2位を獲得したランク7位のミゲール・オリベイラは、2.470秒差の15番手。ランク2位のエフレン・バスケスは21番手。ランク3位のファビオ・クアルタラロは22番手。

前戦決勝レース終了直後に他車と接触転倒を喫した際に右鎖骨を骨折して、4日に手術を受けたフアンフラン・グエバラは24番手。前戦公式予選で転倒を喫した際に右手を骨折して、6日に手術を受けたランク12位のカレル・ハニカは25番手。

昨年FIM・CEV・レプソル・インターナショナル・チャンピオンシップで3位表彰台を獲得した当地に戻って来たランク22位の尾野弘樹は、2度のコースインで11ラップを周回すると、1分51秒台を2回、1分50秒台を1回記録して、4.524秒差の27番手。

モーターランド・アラゴンでプライベートテストを実施した鈴木竜生は、1度のコースインで12ラップを周回すると、1分54秒台を1回、1分52秒台2回記録して、6.358秒差の31番手だった。

フリー走行1‐リザルト

Tags:
Moto3, 2015, MONSTER ENERGY GRAND PRIX DE FRANCE, FP1, Romano Fenati, Danny Kent, Niccolò Antonelli, SKY Racing Team VR46, Ongetta-Rivacold, Leopard Racing

Other updates you may be interested in ›

motogp.com
レーシングナンバー

2 years ago

レーシングナンバー

Avintia Racing
バルベラにニューシャーシ投入

2 years ago

バルベラにニューシャーシ投入

Athina Foward Racing
バスが地元デビュー戦

2 years ago

バスが地元デビュー戦

Team SUZUKI ECSTAR
エスパルガロ兄は上位進出に自信

2 years ago

エスパルガロ兄は上位進出に自信