初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

エスパルガロ兄、転倒も決勝に自信

エスパルガロ兄、転倒も決勝に自信

ハードクラッシュを喫して右手を強打したが、セットアップが効果的に機能していることから、決勝での上位進出に自信を見せた。

チーム・スズキ・エクスターのアレイシ・エスパルガロは、第5戦フランスGPのフリー走行3でハイサイドから週末2度目、今季2度目の転倒を喫して、右手を強打したが、公式予選1で2番時計、公式予選2で10番時計を記録。明日の決勝レースを開幕戦カタールGP以来となる4列目から迎える。

「とても幸運だったと思う。転倒は非常に厳しく、大きな負傷がなかったことは幸いだった。まだ痛い。もしかしたら、手の靭帯を痛めているかも。変な言い方だけど、バイクの感じがとても良いから、すごく走りたい。僕の好きなトラックではないけど、セットアップはすごく効果的で、もしかしたら、今までで一番良いかもしれない。」

「もちろん、転倒でベターなポジション争いができなかったけど、グッドなレースができると思う。ハードタイヤを温存するために、予選2を途中でストップすることを決断した。このタイヤの感じが良い。レースで使用しよう。それに、手を早く治したい。予選のポジションを1つ、2つ良くすることは、レースに集中することよりも重要ではない」と、決勝レースに向けて自信を見せた。

Tags:
MotoGP, 2015, MONSTER ENERGY GRAND PRIX DE FRANCE, Aleix Espargaro, Team SUZUKI ECSTAR, #FrenchGP

Other updates you may be interested in ›

motogp.com
フリー走行4:地元出身のバスが初めての1番時計

2 years ago

フリー走行4:地元出身のバスが初めての1番時計