初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行3:バスティアニーニが今季初の最速時計

フリー走行3:バスティアニーニが今季初の最速時計

参戦2戦目のバスティアニーニが今季初めての1番時計。ケントは転倒を喫して4番手に後退したが、初日のタイムで総合1番手を維持。尾野と鈴木は14番手と34番手だった。

第5戦フランスGPのフリー走行3は16日、ルマン(ブガッティ・サーキット)で行われ、ランク4位のエネア・バスティアニーニが今季初めて、昨年8月の第11戦チェコGPフリー走行1以来通算3度目のトップタイムをマーク。ポイントリーダーのダニー・ケントが開幕戦カタールGPから5戦連続のフリー走行総合1番手に進出した。

気温10度。路面温度14度のドライコンディションの中、初日総合5番手のバスティアニーニは、2度のコースインで16ラップを周回すると、1分43秒台を3回、1分42秒台を2回記録。1分42秒900の1番時計を刻んだ。

初日総合13番手のイサック・ビニャーレスは、3度のコースインで18ラップを周回すると、1分43秒台を5回、1分42秒台を1回記録して、0.049秒差の2番手に浮上。

初日総合7番手のミゲール・オリベイラは、3度のコースインで17ラップを周回すると、1分43秒台を5回、1分42秒台を1回記録して、0.064秒差の3番手に進出。

初日総合1番手のダニー・ケントは、15ラップ目に今季4度目の転倒。2度のコースインで15ラップを周回すると、1分43秒台を6回記録して、0.146秒差の4番手に後退したが、フリー走行2のラップタイムで総合1番手を維持。

初日総合3番手のファビオ・クアルタラロは、0.176秒差の5番手。初日総合4番手のエフレン・バスケスは、今季初転倒を喫して6番手。初日総合8番手のカレル・ハニカ、初日総合6番手のロマーノ・フェナティ、初日総合2番手のリビオ・ロイ、初日総合11番手のフランシスコ・バグナイアがトップ10入り。

初日総合17番手の尾野弘樹は、3度のコースインで16ラップを周回すると、1分44秒台を2回、1分43秒台を3回記録して、0.676秒差の14番手、フリー走行総合14番手。

初日総合29番手の鈴木竜生は、3度のコースインで18ラップを周回すると、1分46秒台を3回、1分45秒台を5回記録して、2.525秒差の34番手、フリー走行総合33番手だった。

フリー走行3‐リザルト

フリー走行総合‐リザルト

Tags:
Moto3, 2015, MONSTER ENERGY GRAND PRIX DE FRANCE, FP3, Miguel Oliveira, Enea Bastianini, Isaac Viñales, Husqvarna Factory Laglisse, Red Bull KTM Ajo, Gresini Racing Team Moto3

Other updates you may be interested in ›