初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

公式予選:地元クアルタラロが2戦連続のPP奪取

公式予選:地元クアルタラロが2戦連続のPP奪取

雨の影響を受けた予選は、地元出身のランク3位クアルタラロが1番時計を刻んでポールポジションを獲得。鈴木は10番手、ケントは31番手、尾野は32番手だった。

第5戦フランスGPの公式予選は16日、ルマン(ブガッティ・サーキット)で行われ、ランク3位のファビオ・クアルタラロが今季3度目のトップタイムをマーク。前戦スペインGPに続き2戦連続のポールポジションを奪取した。

気温14度。路面温度16度。ドライコンディションで始まったが雨が降り始めたことから、2ラップ目の結果が順位に反映。フリー走行総合4番手のクアルタラロは、4ラップ目に転倒を喫したが、2ラップ目に1分44秒763の1番時計を刻めば、フリー走行総合15番手のホルヘ・ナバーロは、0.122秒差の2番手に入り、自己最高位を獲得。

フリー走行総合10番手のフランセスコ・バグナイアは、0.694秒差の3番手。初めて1列目に進出すれば、フリー走行総合15番手のヤコブ・コーンフィール、フリー走行総合9番手のロマーノ・フェナティ、フリー走行総合21番手のジュール・ダニロ、フリー走行総合26番手のニッコロ・アントネッリ、フリー走行総合6番手のミゲール・オリベイラ、フリー走行総合5番手のイサック・ビニャーレスが続いた。

フリー走行2で今季4度目の転倒を喫したフリー走行総合33番手の鈴木竜生は、2.083秒差の10番手に入り、自己最高位に進出。

フリー走行3で今季初の1番時計を記録したフリー走行総合3番手のエネア・バスティニーニは18番手。フリー走行総合2番手のリビオ・ロイは22番手。フリー走行3で今季初転倒を喫したフリー走行総合7番手のエフレン・バスケスは29番手。

フリー走行3で今季4度目の転倒を喫したフリー走行総合1番手のダニー・ケントは31番手。

フリー走行総合14番手の尾野弘樹は32番手だった。

公式予選‐リザルト

Tags:
Moto3, 2015, MONSTER ENERGY GRAND PRIX DE FRANCE, QP, Fabio Quartararo, Francesco Bagnaia, Jorge Navarro, Estrella Galicia 0,0, MAPFRE Team MAHINDRA

Other updates you may be interested in ›