Tickets purchase
VideoPass purchase

マルケス、フロントエンドに苦戦

マルケス、フロントエンドに苦戦

最速時計を記録した公式予選とウェームアップ走行の走りを再現できず、巻き返しに向けてデータを検証することを説明。

レプソル・ホンダのマルク・マルケスは、第5戦フランスGPの決勝レースで、今季3度目のポールポジションから4位。ランク4位を維持したが、ポイントリーダーとのギャップから26ポイント差から33ポイント差に広がった。

ウォームアップ走行で週末2度目の1番時計を記録したが、決勝レースでは5ラップ目に6番手に後退。「今日は気温が上昇した。週末はこのような状況の中で走らず、フロントエンドに問題が出てしまった。ホンダ勢は同じような問題があったと思う。数人がフロントを失って転倒した。」

「僕たちは苦戦した。気温の上昇で状況が変化することは解っていた。その中で良くなることを期待したけど、悪くなってしまった。今日のレースから学び、収集した情報を分析する必要がある」と、シーズン5戦目を振り返った。

Tags:
MotoGP, 2015, MONSTER ENERGY GRAND PRIX DE FRANCE, Marc Marquez, Repsol Honda Team, #FrenchGP

Other updates you may be interested in ›