初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

決勝レース:ルティが初優勝のルマンで通算10勝目

決勝レース:ルティが初優勝のルマンで通算10勝目

ランク4位のルティが今季初優勝でランク2位に浮上。ラバット、ザルコが連続表彰台を獲得。ランク19位の中上が今季の最高位6位でランク13位に進出。

第5戦フランスGPの決勝レースは17日、ルマン(ブガッティ・サーキット)で行われ、ランク4位のトーマス・ルティが10年前の2005年にキャリア初優勝を挙げた舞台で、昨年11月の最終戦バレンシアGP以来となる今季初優勝、中量級で5勝目、キャリア通算10勝目を挙げて、ランク2位に浮上した。

気温18度。路面温度30度のドライコンディションの中、6番グリッドのルティは、5ラップ目に1番手に飛び出してレースの主導権を握れば、4番グリッドのティト・ラバットは、1.767秒差の2位に入り、2戦連続の表彰台を獲得。

3番グリッドのヨハン・ザルコは、地元での自己最高位となる3位に進出して、4戦連続の表彰台を獲得。ウォームアップ走行で週末1度目の1番時計を記録した2番グリッドのサム・ロースは5位。

5位争いは6人が終盤まで展開。12番グリッドのフランコ・モルビデッリが競り勝って、今季4度目の5位に進出すれば、9番グリッドのフリアン・シモンは今季の最高位となる6位。

5番グリッドの中上貴晶は7位。2013年10月の第17戦日本GP以来となる1桁台に進出すれば、8番グリッドのチャビエル・シメオン、13番グリッドのハーフィス・シャハリン、19番グリッドのドミニケ・エガーターがトップ10入り。

ウォームアップ走行で転倒を喫したポールポジションのアレックス・リンスは、6番手走行中のラスト3ラップに転倒を喫して、レースに復帰後に17位。

キャリア通算100戦目となった7番グリッドのルイス・サロンは、6番手走行中のラスト2ラップに他車と接触転倒。11番グリッドのミカ・カリオ、15番グリッドのジョナス・フォルガー、21番グリッドのアレックス・マルケス、23番グリッドのロリス・ロッシが転倒リタイヤを喫した。

チャンピオンシップは、ポイントリーダーのザルコとランク2位に浮上したルティとのギャップが21ポイント差に詰まった。

次戦イタリアGPは、ムジェロ・サーキットで29日に開幕、31日に決勝レースを迎える。

決勝レース‐リザルト
ワールドスタンディング

 

Tags:
Moto2, 2015, MONSTER ENERGY GRAND PRIX DE FRANCE, RAC, Thomas Luthi, Johann Zarco, Tito Rabat, Derendinger Racing Interwetten, Ajo Motorsport, EG 0,0 Marc VDS

Other updates you may be interested in ›