初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ブリヂストン、天候変化も万全の準備で対応

ブリヂストン、天候変化も万全の準備で対応

レース時に予選時から急激に路面温度が上昇したにも関わらず、準備万全のタイヤアロケーションで、最高峰クラスのライダーたちを足元から支援。

MotoGP™クラスのオフィシャルタイヤサプライヤー、ブリヂストンは、ルマン(ブガッディ・サーキット)で開催された第5戦フランスGPに供給したタイヤが、特に決勝レース時の路面温度が公式予選時を20度以上も上昇した条件に対して良好に作動したことを確認した。

今年で16年連続28回目の開催となった当地に向けて、昨年のデータと気象状況、レイアウトを想定して、左右非対称のリアタイヤに関しては、ファクトリーオプションにミディアム(黒)とソフト(白)、オープンオプションにソフト(白)とエクストラソフト(緑)の組み合わせを準備。

フロントに関しては、エクストラソフト(緑)とソフト(白)、そしてオプションにミディアム(黒)を供給。

週末で最も暖かくなった決勝レースでは、フロント、リア共にミディアム(黒)を試す時間があまりなかったことから、2日目と同様な選択となり、フロントは全員がソフト(白)、リアは18名がソフト(白)、アプリリア勢やホンダのオープンオプション勢ら7名がエクストラソフト(緑)を装着した。

モータースポーツタイヤ開発のチーフエンジニア、東雅雄は、「路面温度は予選時よりもかなり高くなりましたが、ライダーたちはフロントとリアのミディアムコンパウンドをしっかりと試す時間がなかったために、決勝レースでそれらのタイヤを選択しませんでした。フロント、リアともにソフトコンパウンドという組み合わせに人気が集中し、総レースタイムとファステストラップが更新されました。」

「路面は決してグリップが高いわけではありませんが、コンディションは良く、今回準備したタイヤアロケーションが功を奏したこともあって、非常に力強い高いパフォーマンスを発揮することができました」と、天候変化にも関わらず、万全の準備でライダーたちを支援できたことを説明した。

Tags:
MotoGP, 2015, MONSTER ENERGY GRAND PRIX DE FRANCE, #FrenchGP

Other updates you may be interested in ›

motogp.com
パドックガールズ

2 years ago

パドックガールズ