初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

レーシングナンバー

レーシングナンバー

ムジェロ・サーキットで開催される第6戦イタリアGPを前に主要なデータを紹介。スペイン勢が最高峰クラスで特筆的な優勝数とポールポジション数を記録。

171戦目 - ニッキー・ヘイデンが通算203戦目となった前戦フランスGPで11位に進出して、通算171戦目のポイント獲得に成功。最高峰クラスのポイント圏内進出ランキングにおいて、ランク1位のバレンティーノ・ロッシ(235戦)、ランク2位のアレックス・バロス(195戦)に続き、ランク3位のロリス・カピロッシに並んだ。

99回目のポールポジション - マルク・マルケスの前戦ポールポジションにより、2002年にスタートしたMotoGP™クラスにおいて、スペイン勢が通算99回目のポールポジションを獲得(ホルヘ・ロレンソ-31回、ダニ・ペドロサ-27回、マルケス-25回、セテ・ジネルナウ‐12回、カルロス・チェカ‐2回、アルバロ・バウティスタ‐1回、アレイシ・エスパルガロ‐1回)。

90勝目 ‐ ロレンソの前戦優勝により、2002年にスタートしたMotoGP™クラスにおいて、スペイン勢がイタリア勢の89勝を上回り、通算90勝目に到達。

25回目の表彰台 ‐ ティト・ラバットが前戦で2位に進出。Moto2™クラスの表彰台獲得ランキングにおいて、ランク1位のトーマス・ルティ(27回)に続き、ランク2位のマルケス(25回)に並んだ。

11年ぶり ‐ イタリア勢が前戦でトップ3を独占。2004年9月の第15戦日本GPでトップ4を独占して以来の表彰台独占。

10年ぶり ‐ ルティが2005年にキャリア初優勝を挙げたルマンで優勝。10年以上に渡って優勝を挙げたのは、史上26人目。

7年前 ‐ ロッシが2002年から7連勝を達成したムジェロで最後に優勝を飾ったのは、7年前の2008年。

3名 ‐ 軽量級において、開幕から5戦連続してポイント圏内に進出したのは、ダニー・ケント、エネア・バスティアニーニ、イサック・ビニャーレスの3名のみ。

Tags:
MotoGP, 2015, GRAN PREMIO D'ITALIA TIM, #ItalianGP

Other updates you may be interested in ›