初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

イアンノーネ、左肩に力が入らず

イアンノーネ、左肩に力が入らず

左肩に力が入らないことから、デスモセディチGP15のパフォーマンスを引き出せないことを説明。

ドゥカティ・チームのアンドレア・イアンノーネは、昨年2番グリッドから7位に進出した第6戦イタリアGPの初日に3番時計と4番時計を記録。トップタイムを刻んだチームメイトから0.515秒差の初日総合4番手に進出した。

17日前に実施したプライベートテストで左肩を強打して脱臼したが、精密検査の結果、左上腕の先端に骨折が判明。「左肩の状態が良いことを期待していたけど、このトラックで思っていた以上に頑張らないといけない。大きな問題は痛みだけでなく、力が必要。単純に力が入らない。思うように左肩を動かすことができず、方向転換で大きくタイムを失っている。歯を食いしばって、頑張らないと。」

「バイクに関しては、すごく嬉しい。戦闘力があることは分かっていた。最高のパフォーマンスを引き出すための体調でないことが申し訳ない」と、厳しい状態にあることを説明した。

Tags:
MotoGP, 2015, GRAN PREMIO D'ITALIA TIM, Andrea Iannone, Ducati Team, #ItalianGP

Other updates you may be interested in ›

@hrc_motogp

2 years ago

@26_danipedrosa catching up with his chief engineer - Ramon - after FP1...