初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行1:ドビツィオーソが2戦連続3度目の1番手発進

フリー走行1:ドビツィオーソが2戦連続3度目の1番手発進

前戦前のプライベートテストを活かして、ランク3位のドビツィオーソとランク5位のイアンノーネが1番手と3番手。ロレンソは2番手、マルケスは4番手、ロッシは6番手。

第6戦イタリアGPのフリー走行1は29日、ムジェロ・サーキットで行われ、ランク3位のアンドレア・ドビツィオーソが今季4度目のトップタイムをマーク。第2戦アメリカズGP、前戦フランスGPに続いて2戦連続3度目の1番手発進を決めた。

気温21度。路面温度32度のドライコンディションの中、前戦前に当地でプライベートテストを実施したドビツィオーソは、3度のコースインで14ラップを周回すると、1分49秒台を1回、1分48秒台を4回、1分47秒台を1回記録。1分47秒893の1番時計を刻んだ。

ランク2位のホルヘ・ロレンソは、5度のコースインで17ラップを周回すると、1分49秒台を2回、1分48秒台を6回、1分47秒台を2回記録して、0.033秒差の2番手。

ランク5位のアンドレア・イアンノーネは、4度のコースインで17ラップを周回すると、1分49秒台を2回、1分48秒台を4回、1分47秒台を1回記録して、0.047秒差の3番手。

ランク4位のマルク・マルケスは、3度のコースインで18ラップを周回すると、1分49秒台を1回、1分48秒台を8回記録して、0.135秒差の4番手。ランク12位のヨニー・エルナンデェス、ポイントリーダーのバレンティーノ・ロッシ、ランク13位のスコット・レディング、ランク7位のブラドリー・スミス、ランク8位のポル・エスパルガロ、ランク6位のカル・クラッチローがトップ10入り。

ランク15位のダニ・ペドロサは11番手、ワイルドカードのミケーレ・ピロは12番手、ランク14位のエクトル・バルベラはオープンオプション最高位の14番手、ランク9位のアレイシ・エスパルガロは17番手だった。

MotoGP, 2015, GRAN PREMIO D'ITALIA TIM, FP1, Andrea Dovizioso, Marc Marquez, Andrea Iannone, Repsol Honda Team, Ducati Team

Other updates you may be interested in ›