初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ドビツィオーソが地元で今季3度目の1番手発進

ドビツィオーソが地元で今季3度目の1番手発進

初日にサーキットレコードラップを突破して、オースティン、ルマンに続く今季3度目の初日1番手発進。

ドゥカティ・チームのアンドレア・ドビツィオーソは、昨年8番グリッドから6位に進出した第6戦イタリアGPの初日に連続して1番時計を記録。昨年10月の第15戦日本GP以来、今季初めて初日総合1番手発進を決めた。

フリー走行1で今季4度目の1番時計を刻んで、第2戦アメリカズGP、前戦フランスGPに続いて2戦連続3度目の1番手発進を決めた後、フリー走行2では、3度のコースインで17ラップを周回すると、1分48秒台を7回、1分47秒台を3回記録。サーキットレコードラップ(1分47秒639)を上回る1分47秒479の1番時計を刻んだ。

「週末の始まり方、特にセッション最後にマークしたタイムがすごく嬉しい。僕たちは速い。これはベストなセットアップを追求する上で根本的なこと。レース終盤まで正しい戦闘力が許されるGP15の確かな分野の改善を目的に幾つかのテストを続ける。これから明日の出発点を明白にするために、データを分析する」と、会心の笑みで初日を振り返った。

Tags:
MotoGP, 2015, GRAN PREMIO D'ITALIA TIM, Andrea Dovizioso, Ducati Team, #ItalianGP

Other updates you may be interested in ›

@hrc_motogp

2 years ago

@26_danipedrosa catching up with his chief engineer - Ramon - after FP1...

@hrc_motogp

2 years ago

@26_danipedrosa explaining the finer details of the Mugello circuit...