初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ドビツィオーソ、離脱の原因はスプロケットの摩耗

ドビツィオーソ、離脱の原因はスプロケットの摩耗

ホームレースでの今季初優勝、5度目の表彰台獲得に期待が高まっていたが、スプロケットの問題で離脱。

ドゥカティ・チームのアンドレア・ドビツィオーソは、第6戦イタリアGPのウォームアップ走行で1ラップ目に今季初転倒を喫したことから周回をせずに、3番グリッドから決勝レースを迎えたが、6番手を走行中の14ラップ目に技術的な問題が原因で、ピットボックスに戻ることを決断。今季初のリタイヤを強いられた。

「今日はウォームアップ走行でミスを犯してしまい、最初から正しい方向に進まなかった。グッドなスタートで、フロントランナーだったけど、リアスプロケットの過剰摩耗でリタイヤが止むを得なかった。本当に残念。表彰台争いができたと思うけど、最も重要なチャンピオンシップのポイントを稼ぐことができなかった」と、意気消沈した表情でリタイヤの理由を説明した。

Tags:
MotoGP, 2015, GRAN PREMIO D'ITALIA TIM, Andrea Dovizioso, Ducati Team, #ItalianGP

Other updates you may be interested in ›

motogp.com
ミゲール・オリベイラがキャリア初優勝

2 years ago

ミゲール・オリベイラがキャリア初優勝