初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

モンスター・ヤマハ・テック3がチーム部門で3位に浮上

モンスター・ヤマハ・テック3がチーム部門で3位に浮上

スミス&ポルが5‐6位に進出して、チーム部門でサテライト勢の最高位となるランク3位に進出。

モンスター・ヤマハ・テック3は、第6戦イタリアGPで、ブラドリー・スミスがサテライト勢の最高位となる5位、ポル・エスパルガロが6位を獲得。2人のヤングライダーが4戦連続5度目の1桁台に進出して、チャンピオンシップのチーム部門において、モビスター・ヤマハ・MotoGP、ドゥカティ・チームに続き、レプソル・ホンダを抜いて、ランク3位に浮上した。

チームマネージャーのエルベ・ポンチャラルは、「グレートなレースでした。4台のヤマハがトップ6に進出したことは、私をはじめ、プロジェクトの関係者たちにとって大変重要な意味をもたらします。素晴らしい仕事です。チームに関しては、2人のライダーが素晴らしい仕事をしてくれました。我々はチーム部門でランク3位。強力なファクトリー、レプソル・ホンダの前に位置しています。」

「我々は懸命に働き、(追突を受けて転倒した)ポルのオースティンを除いて、リタイヤはありません。我々のライダーたちは、一貫性を維持し、プッシュし続けることを学ぶ必要があります。今回は優勝者から僅か15秒差。カル、ブラドリー、ポルの間で素晴らしいサテライトのトップ争いが繰り広げられ、我々が1‐2位になりました。カルには申し訳ないです。彼がチームの一員だったことから常に我々に所属します。」

「終盤、ポルがブラドリーに接近したときは、接触の可能性があったので、多少神経質になりましたが、危険はなかったです。ブラドリーは予選より決勝レースに向けて仕事をしますが、今回は金曜から速く、週末は全体的に強く、素晴らしいグランプリとなりました。手術を受けたポルのことが心配でしたが、終盤には快適さが増して、カルとブラドリーを捕まえました。前腕の問題は解決したようです。」

「ポルのホームレースであり、モンスターエナジーが協賛する次戦カタルーニャGPが楽しみです」と、ランク4位から3位に浮上した6戦目を総括した。

Tags:
MotoGP, 2015, GRAN PREMIO D'ITALIA TIM, Pol Espargaro, Bradley Smith, Monster Yamaha Tech 3, #ItalianGP

Other updates you may be interested in ›

motogp.com
パドックガールズ

2 years ago

パドックガールズ