初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

プレスカンファレンス

プレスカンファレンス

シリーズ7戦目の開幕を前日に控えた中、ポイントリーダーのロッシをはじめ、前戦勝者のロレンソ、地元で自己最高位を獲得したイアンノーネ、地元出身のマルケス、エスパルガロ弟、ビニャーレスが共同会見に出席。

第7戦カタルーニャGPのプレスカンファレンスは11日、バルセロナ‐カタルーニャ・サーキットで行われ、チャンピオンシップの上位陣、地元出身のライダーたちが出席。前戦イタリアGPを振り返り、週末の抱負を語った。

開幕から6戦連続の表彰台を連取し、ポイントリーダーとして過去に6勝を挙げた当地に乗り込んで来たバレンティーノ・ロッシは、「ホルヘが僕たちに接近してきた。心配。僕たちはグッドなリザルトを獲得し、常に表彰台に立ったけど、ホルヘは非常に良かった。プラクティスのペースを良くすることに集中する。レースでは戦闘力があるけど、プラクティスを良くする必要がある。」

「レイアウトと雰囲気により、お気に入りのトラック。過去には昨年も含めてグレートなレースがあった。ドゥカティは強い。ソフトタイヤが理由で予選も強い。今年のレベルは非常に高く、3メーカーは最高のレベルにあり、6名は絶好調。チャンピオンシップにとって、僕たちにとっても最高なことで、改善を強いられる」と、ライバル勢が切磋琢磨して、チャンピオンシップのレベルが高まっていることを歓迎。

欧州ラウンドに入ってから破竹の3連勝でランク2位に進出するホルヘ・ロレンソは、「絶好調で到着したけど、僕たちの勝利は過去のこと。各プラクティス、レースに集中し続ける必要がある。昨年はスタートに問題があり、優勝争いができなかった。今年のバイクは改良されたから、今週末は良くなければいけない。」

「前戦6名による優勝争いは、頻繁なことではない。もしかしたら、トラック上ではあまり楽しくないけど、家でビデオを見ると楽しい」と、グループバトルより独走を好むことを説明。

前戦で自己最高位の2位を獲得したランク4位のアンドレア・イネンノーネは、「(左肩の)回復に向けて懸命にリハビリに取り組んだ。良い思い出があるけど、状況は全く違う。このクラスで勝つことは簡単ではないけど、状況を良くしたい。GP15はムジェロで最高だった。このサーキットで戦闘的になる必要がある。今週末が楽しみだ」と、上位進出に自信。

昨年地元優勝を挙げたランク5位のマルク・マルケスは、「昨年とは違う状況で迎える。改良に向けてアイデアがあり、今週末に向けて楽観的。浮き沈みのシーズンで、バレンティーノから49ポイント差。挽回手段は、バイクの上で楽しむこと。そのために働いている。ホンダは新しいマフラーを持ってきた。全力で走ろう」と、巻き返しに自信を見せた。

サーキット隣町出身のポル・エスパルガロは、「サーキットの近くで生まれ、学校に通っていた時には、エンジン音が聞こえていた。ファンの応援を受ける。これは非常に重要。期待通りのシーズンではない。次々に問題があり、問題を抱えて始まると難しい。良くなっている。前腕を手術した後で、言い訳はできない」と、ホームでの上位進出を誓った。

スズキのファクトリーライダーとして地元でデビューを迎えるマーベリック・ビニャーレスは、「レース毎に接近している。ライダーとして仕事を除き、バイクを開発しなければいけない。このカテゴリーは難しい。ビックなレベルが要求される」と、序盤6戦を終えて最高峰クラスの印象を語った。

Tags:
MotoGP, 2015, GRAN PREMI MONSTER ENERGY DE CATALUNYA, Valentino Rossi, Marc Marquez, Jorge Lorenzo, Repsol Honda Team, Movistar Yamaha MotoGP, #CatalanGP

Other updates you may be interested in ›

motogp.com
プレイベント~オフロードで疾走

2 years ago

プレイベント~オフロードで疾走