Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行2:ケントが今季15度目の最速時計

フリー走行2:ケントが今季15度目の最速時計

ポイントリーダーのケントが今季3度目の初日総合1番手に進出。尾野と鈴木は9番手と30番手。

第7戦カタルーニャGPのフリー走行2は12日、バルセロナ‐カタルーニャ・サーキットで行われ、ポイントリーダーのダニー・ケントが今季15度目のトップタイムをマーク。第3戦アルゼンチンGP、第5戦フランスGPに続き、今季3度目の初日総合1番手に進出した。

気温25度。路面温度34度のドライコンディションの中、フリー走行1で2番手のケントは、3度のコースインで16ラップを周回すると、1分52秒台を4回、1分51秒台を2回記録。1分51秒637の1番時計を刻んだ。

フリー走行1で5番手のニッコロ・アントネッリは、2度のコースインで17ラップを周回すると、1分52秒台を4回、1分51秒台を2回記録して、0.011秒差の2番手に浮上。

フリー走行1で18番手のアレキサンドロ・トヌッチは、今季最高位の3番手。フリー走行1で10番手のリビオ・ロイ、フリー走行1で34番手のエネア・バスティアニーニ、フリー走行1で11番手のミゲール・オリベイラ、フリー走行1で8番手のファビオ・クアルタラロが続き、フリー走行1でキャリア初の最速時計を刻んだホルヘ・ナバーロは0.264秒差の8番手に後退。

フリー走行1で32番手の尾野弘樹は、3度のコースインで16ラップを周回すると、1分53秒台を5回、1分52秒台を1回記録して、0.394秒差の9番手に上昇。フリー走行1で24番手のフィリッポ・エッテルがトップ10入り。

フリー走行1で3番手のエフレン・バスケスは11番手。フリー走行1で13番手のロマーノ・フェナティは14番手。 フリー走行1で30番手の鈴木竜生は、3度のコースインで17ラップを周回すると、1分54秒台を4回、1分53秒台を2回記録して、1.701秒差の30番手を維持した。

フリー走行2‐リザルト
1日目総合‐リザルト

Tags:
Moto3, 2015, GRAN PREMI MONSTER ENERGY DE CATALUNYA, FP2, Alessandro Tonucci, Danny Kent, Niccolò Antonelli

Other updates you may be interested in ›

motogp.com
プレイベント~オフロードで疾走

1 year ago

プレイベント~オフロードで疾走