初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行2:コルテセが今季初めての1番時計

フリー走行2:コルテセが今季初めての1番時計

ランク12位のコルテセが今季初の最速時計。ポイントリーダーのザルコが初日総合1番手。中上は11番手。

第7戦カタルーニャGPのフリー走行2は12日、バルセロナ‐カタルーニャ・サーキットで行われ、ランク12位のサンドロ・コルテセが今季初のトップタイムをマーク。ポイントリーダーのヨハン・ザルコが第3戦アルゼンチンGPに続き今季2度目の初日総合1番手に進出した。

気温29度。路面温度46度のドライコンディションの中、フリー走行1で16番手のコルテセは、3度のコースインで19ラップを周回すると、1分48秒台を3回、1分47秒台を10回記録。1分47秒127の1番時計を刻んだ。

フルー走行1で今季初の1番手発進を決めたヨハン・ザルコは、2度のコースインで21ラップを周回すると、1分48秒台を5回、1分47秒台を12回記録して、タイム更新が出来なかったが、0.017秒差の2番手。

フリー走行1で13番手のアレックス・リンスは、3度のコースインで20ラップを周回すると、1分48秒台を6回、1分47秒台を4回記録して、0.139秒差の3番手に浮上。フリー走行1で2番手のサム・ロースは、0.154秒差の4番手。フリー走行1で7番手のトーマス・ルティは、0.220秒差の5番手。

フリー走行1で4番手のティト・ラバットは、1度のコースインで連続25ラップを周回すると、1分47秒台を最多の22回記録して、0.243秒差の6番手。

フリー走行1で18番手のルイス・サロン、フリー走行1で17番手のシモーネ・コルシ、フリー走行1で2番手のチャビエル・シメオン、フリー走行1で3番手のジョナス・フォルガーがトップ10入り。

フリー走行1で8番手の中上貴晶は、3度のコースインで20ラップを周回すると、1分49秒台を8回、1分48秒台を4回記録して、1.338秒差の22番手に後退。午前のラップタイムで初日総合11番手だった。

フリー走行2‐リザルト
1日目総合‐リザルト

Tags:
Moto2, 2015, GRAN PREMI MONSTER ENERGY DE CATALUNYA, FP2, Alex Rins, Johann Zarco, Sandro Cortese

Other updates you may be interested in ›

motogp.com
プレイベント~オフロードで疾走

1 year ago

プレイベント~オフロードで疾走