初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

エスパルガロが地元で感激のポールポジション

エスパルガロが地元で感激のポールポジション

ニューエンジン効果と負傷からの回復もあり、自身2度目、スズキに2007年以来8年振りとなるポールポジションをもたらした。

チーム・スズキ・エクスターのアレイシ・エスパルガロは、第7戦カタルーニャGPの公式予選でサーキットベストラップ(1分40秒893)を更新して、週末2度目、今季4度目のトップタイムをマーク。昨年6月の第8戦TTアッセン(ウェットコンディション)以来となるキャリア2度目のポールポジションを奪取して、今季復帰したスズキに2007年6月の第9戦TTアッセン(クリス・バーミューレン)以来となるトップグリッドをもたらした。

フリー走行2で最速時計を記録して、初日総合1番手に進出した後、フリー走行3で3番手。フリー走行4では、1分42秒台を7回記録して、0.536秒差の6番手。

「ファンの前でポールポジション獲得はすごいことだから、とても嬉しい。それに懸命に働き、コンスタントに改良が進むスズキにとっても良いこと。2人のライダーが1列目に進出したことで、大きな満足感が得られる。明日はもっと、もっと重要。2人が揃って表彰台争いをすることは、夢のようだから、明日が楽しみ。グッドなペースがあり、フリー走行4では中古タイヤで沢山周回を重ねて、フィーリングは良かった」と、決勝レースに向けて自信を見せた。

Tags:
MotoGP, 2015, GRAN PREMI MONSTER ENERGY DE CATALUNYA, Aleix Espargaro, Team SUZUKI ECSTAR, #CatalanGP

Other updates you may be interested in ›