初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

公式予選:スズキが1‐2番手独占

公式予選:スズキが1‐2番手独占

エスパルガロ兄とビニャーレスが1‐2番手に進出し、スズキがトップ2を独占。ロレンソが3番手に入り、地元スペイン勢が1列目を独占。マルケス、ドビツィオーソ、ペドロサ、ロッシが続いた。

第7戦カタルーニャGPの公式予選は13日、バルセロナ‐カタルーニャ・サーキットで行われ、ランク11位のアレイシ・エスパルガロが週末2度目、今季4度目のトップタイムをマーク。昨年6月の第8戦TTアッセン(ウェットコンディション)以来キャリア2度目のポールポジションを奪取して、今季復帰したスズキに2007年6月の第9戦TTアッセン(クリス・バーミューレン)以来となるトップグリッドをもたらした。

気温25度。路面温度42度のドライコンディションの中、フリー走行総合2番手のエスパルガロは、フリー走行4で1分42秒台を7回記録して、0.536秒差の6番手。公式予選2は、サーキットベストラップ(1分40秒893)を更新する1分40秒546の1番時計を刻んだ。

フリー走行3で初めて最速時計を刻んで、フリー走行総合1番手に進出したマーベリック・ビニャーレスは、フリー走行4で1分42秒台を2回記録して、0.728秒差の10番手。公式予選2は、0.083秒差の2番手に入り、最高峰クラスで初めて1列目を獲得。

フリー走行総合3番手のホルヘ・ロレンソは、フリー走行4で1分42秒台を6回記録して、0.601秒差の8番手。公式予選2は、0.100秒差の3番手に入り、4戦連続5度目の1列目を確保。

フリー走行総合5番手のマルク・マルケスは、フリー走行4で1分42秒台を10回記録して、0.120秒差の2番手。公式予選2は、0.208秒差の4番手。

フリー走行総合4番手のアンドレア・ドビツィオーソは、フリー走行4で1分42秒台を6回記録して、0.536秒差の5番手。公式予選2は、0.361秒差の5番手。

フリー走行総合11番手のダニ・ペドロサは、フリー走行4で1分42秒台を3回記録して、0.251秒差の3番手。キャリア初めての公式予選1は1番手に入り、公式予選2は、0.382秒差の6番手。

フリー走行総合7番手のバレンティーノ・ロッシは、フリー走行4で1分42秒台を11回記録して、0.500秒差の4番手、公式予選2は0.512秒差の7番手。フリー走行総合10番手のブラドリー・スミス、フリー走行総合8番手のカル・クラッチロー、フリー走行総合9番手のヨニー・エルナンデェス、フリー走行総合6番手のポル・エスパルガロが続いた。

フリー走行総合12番手のアンドレア・イアンノーネは、フリー走行4で1分42秒台を7回、1分41秒台を1回記録して、今季5度目の1番時計。今季2度目の公式予選1で2番手に入り、公式予選2では、0.978秒差の12番手。

フリー走行総合14番手のエクトル・バルベラは、公式予選1で3番手に入り、今季6度目となるオープンオプションの最高位に進出。

フリー走行総合22番手のカレル・アブラハムは、フリー走行4で今季4度目の転倒を喫した際に左足の第2中足骨を骨折。精密検査と治療のために近郊の病院に搬送され、公式予選1を欠場した。

フリー走行4‐リザルト
公式予選1‐リザルト
公式予選2‐リザルト
公式予選総合‐リザルト
スターティンググリッド

Tags:
MotoGP, 2015, GRAN PREMI MONSTER ENERGY DE CATALUNYA, Q2, Jorge Lorenzo, Maverick Viñales, Aleix Espargaro

Other updates you may be interested in ›

motogp.com
フリー走行4:イアンノーネが1番手に浮上

2 years ago

フリー走行4:イアンノーネが1番手に浮上