初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行3:ビニャーレスが最高峰クラスで初の最速時計

フリー走行3:ビニャーレスが最高峰クラスで初の最速時計

最高峰クラス7戦目で初めて1番時計を刻み、エスパルガロ兄が2日目のタイムで、スズキが初めてトップ2を独占。マルケスは総合5番手に後退。ロッシは総合7番手に浮上。

第7戦カタルーニャGPのフリー走行3は13日、バルセロナ‐カタルーニャ・サーキットで行われ、ランク9位のマーベリック・ビニャーレスが最高峰クラスの初のトップタイムをマーク。地元で初めてのフリー走行総合1番手に飛び出した。

気温24度。路面温度30度のドライコンディションの中、初日総合5番手のビニャーレスは、4度のコースインで17ラップを周回すると、1分42秒台を4回、1分41秒台を4回記録。1分41秒105の1番時計を刻んだ。

初日総合7番手のホルヘ・ロレンソは、2度のコースインで17ラップを周回すると、1分42秒台を2回、1分41秒台を最多の10回記録して、0.053秒差の2番手に浮上。

今季2度目の初日総合1番手に進出したアレイシ・エスパルガロは、5度のコースインで19ラップを周回すると、1分42秒台を3回、1分41秒台を4回記録して、フリー走行2のラップタイムを更新できず0.053秒差の3番手に後退したが、フリー走行総合でスズキ勢がトップ2を独占。

初日総合4番手のアンドレア・ドビツィオーソは、4度のコースインで17ラップを周回すると、1分42秒台を7回、1分41秒台を1回記録して、0.279差の4番手を維持。初日総合9番手のポル・エスパルガロ、初日総合11番手のバレンティーノ・ロッシが続いた。

初日総合2番手のマルク・マルケスは、3度のコースインで19ラップを周回すると、1分42秒台を6回、1分41秒台を6回記録して、0.338秒差の6番手に後退したが、フリー走行2のラップタイムで総合5番手。初日総合8番手のカル・クラッチロー、初日総合12番手のヨニー・エルナンデェス、初日総合14番手のブラドリー・スミスがトップ10に入り、公式予選2に直接進出。

初日総合3番手のダニ・ペドロサは、0.594秒差の11番手。初日総合6番手のアンドレア・イアンノーネは、0.759秒差の12番手で公式予選1に進出。

初日総合15番手のエクトル・バルベラは、オープンオプションの最高位となる1.117秒差の14番手だった。

フリー走行3‐リザルト
フリー走行総合‐リザルト

Tags:
MotoGP, 2015, GRAN PREMI MONSTER ENERGY DE CATALUNYA, FP3, Maverick Viñales, Aleix Espargaro, Jorge Lorenzo

Other updates you may be interested in ›

motogp.com
プレイベント~オフロードで疾走

2 years ago

プレイベント~オフロードで疾走