初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ペドロサ、希望を取り戻す今季初表彰台

ペドロサ、希望を取り戻す今季初表彰台

沈着冷静な序盤の走りが功を奏して、右前腕の手術から復帰3戦目で今季初表彰台を獲得。

レプソル・ホンダのダニ・ペドロサは、第7戦カタルーニャGPの決勝レースで、2列目6番グリッドから1ラップ目に10番手まで後退したが、地元バルセロナ‐カタルーニャ・サーキットで今季初めての表彰台となる3位を獲得。最高峰クラスの表彰台獲得ランキングにおいて、ランク2位のミック・ドゥーハン(通算95度目)に並んだ。

「感動的だ。懸命に闘って来て、ようやく体調は回復し、レース毎に良くなっている。今日は悪いスタートだったけど、長いレースだから、神経質にならないように心掛けた。それに、序盤に転倒が多発して、路面がデリケートな状態だったから、各コーナーの接触感を見極めるために、序盤3ラップを冷静に走った。」

「その後、巻き返しを始めて数人を抜き、3番手に飛び出した。ホルヘ、バレンティーノとは、パフォーマンスの面で大きく離されていたから、追いかけるのは不可能だった。今後のレースでそのギャップを少し巻き返そう。明日のテストで何かポジティブなことを見つけたい。」

「僕を支えてくれた医師、物理療法士、家族のみんな、沢山の応援メッセージを送ってくれたファンに感謝したい。非常に長い間だったけど、幸運にも地元で希望を取り戻すことができた。この困難な時期に支えてくれたチームのみんなにも感謝したい。彼らにはこの幸せが相応しい」と、感謝の言葉を送った。

Tags:
MotoGP, 2015, GRAN PREMI MONSTER ENERGY DE CATALUNYA, Dani Pedrosa, Repsol Honda Team, #CatalanGP

Other updates you may be interested in ›

motogp.com
ヒストリーバトル

2 years ago

ヒストリーバトル