初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

エスパルガロ兄:「トップライダーたちと闘える」

エスパルガロ兄:「トップライダーたちと闘える」

ニューエンジン投入により、戦闘力がアップされ、ヤマハ、ドゥカティ、ホンダのファクトリー勢に接近する好走を披露。

チーム・スズキ・エクスターのアレイシ・エスパルガロは、第7戦カタルーニャGPの決勝レースで、ポールポジションから4番手走行中の21ラップ目、ラスト5ラップに今季4度目の転倒を喫して、3戦連続のリタイヤ。ランク11位から12位に後退した。

「ポールポジションからのスタートが誇りだったけど、不運にもレース結果が全て。グッドなスタートだったけど、スタートラインから1コーナーまでは長く、僕たちは加速が足りない。2速に減速した途端に、シームレスシフトを使用する他のファクトリーライバルたちが、ノーマルなシフトを使用する僕たちを抜いて行った。1コーナーの出口までに大きくポジションを落としてしまったけど、グッドなレースができることは分かっていたから、懸命にプッシュして、沢山のライダーたちを抜いて、トップ5まで順位を挙げたけど、不運にも、その頑張りでフロントタイヤがあまりにも早く消耗してしまった。」

「転倒は僕のミス。もしかしたら、スタートでポジションを落としてしまい、それを挽回しようと気持ちが先走ってしまったかもしれない。限界の走りで、理想的な走行ラインを少し外してしまった。もしかしたら、1メートルだけだったかもしれないけど、バンプに乗ってしまい、フロントを失ってしまった。」

「本当に残念。素晴らしい仕事をしてくれたチームに申し訳ない。まだ何かが必要。ヤマハのファクトリーライダーたちを除いて、トップライダーたちと同じレベルで闘うことができることを確認できたのは良かったけど、完走できなかったのは気に入らない」と、ホームレースを振り返った。

Tags:
MotoGP, 2015, GRAN PREMI MONSTER ENERGY DE CATALUNYA, Aleix Espargaro, Team SUZUKI ECSTAR, #CatalanGP

Other updates you may be interested in ›