初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

プレスカンファレンス

プレスカンファレンス

シリーズ8戦目の開幕を前日に控えた中、ポイントリーダーのロッシをはじめ、ロレンソ、イアンノーネ、マルケス、ペドロサ、スミスが共同会見に出席。

第8戦TTアッセンのプレスカンファレンスは24日、TTアッセン・サーキットで行われ、チャンピオンシップの上位陣が出席。前戦カタルーニャGPとオフィシャルテスト、プライベートテストを振り返り、週末の抱負を語った。

開幕から7戦連続の表彰台を連取したポイントリーダーのバレンティーノ・ロッシは、「アッセンはスペシャルなサーキット。開催日程の中で最も古い。以前のレイアウトも走ったことがあり、それはファンタスティックだった。2006年から大きく変更から、普通のトラックになってしまったけど、高速で流れるレイアウトが今でも好き。天候は常に不安定。何度も勝ったから良い思い出がある。」

「ホルヘは非常に強い。木曜の朝から全力を尽くして、集中するだけ。予選では彼の方が良い。予選2で速いバイクが多く、スズキとドゥカティはタイヤが良い。ホンダも速い。3列目からのスタートは厳しい。ポジションを挽回する時には、ホルヘは遠くを走っている」と、公式予選2の順位が決勝レースの行方を左右することを説明。

4連勝を達成して、ポイントリーダーとのギャップを1ポイント差に詰めたランク2位のホルヘ・ロレンソは、「ここ数年、アッセンでグッドなレースをしたけど、今のバイクはすごく良い。より安定した走りをもたらしてくれる。僕たちは好調で、今までにない強さを感じる。この調子を続けたい。このサーキットの悪い点は、いつ雨が降るのか分からないところ。いつでも雨が降りそうだ。」

「僕たちのバイクは、僅か1ラップでグッドなラップタイムをマークするには、ベターではない。ポールポジションはヘレスだけ。スズキとドゥカティはタイヤのアドバンテージがあるから、1列目に進出することが難しい」と、チームメイトと口長を合わせるように予選で苦戦していることを説明。

前戦の4位でランク3位に返り咲いたアンドレア・イアンノーネは、「スズキは強い。レース毎に良くなっている。バルセロナでは予選と決勝ですごく良かった。ドゥカティはそれほど良くなかった。前からスタートすることは非常に重要だから、ソフトタイヤは予選で大きく助けてくれる。表彰台?表彰台を獲得したいけど、優勝争いがしたい」と、初優勝に挑戦することを強調。

今季3度目の転倒リタイヤを喫した後、昨年優勝を挙げたトラックに戻って来たランク5位のマルク・マルケスは、「前戦の後で、グッドなリザルトが必要。アッセンは好きなレイアウトだけど、ホルヘとバレンティーノは非常に強い。オフィシャルテストは不運にも雨が降ってしまい、期待していたテストができなかった。試したことは良かったけど、週末に試す時間は多くない」と、テストプログラムを進めながら、リザルトを追求することを説明。

オフィシャルテストで最速時計を記録したサテライト勢の最高位、ランク6位のブラドリー・スミスは、「チームと僕にとってグッドなシーズン。今シーズン、サテライト勢のベストになることを目標として、今のところ、あまり騒がしくないけど、上手く行っている。レース中盤以降のペースを良くする必要がある。フロントタイヤを最大限に引き出すことができないけど、どのように改善すべきかアイデアがある。前進したい」と、今週末の課題を説明。

前戦で今季初の表彰台を獲得したランク10位のダニ・ペドロサは、「ここでキャリア初優勝を挙げた。最高の瞬間だった。前戦の表彰台も特別だった。1ラップ目に11番手だったからベストレースではなかったけど、ステップ・バイ・ステップで挽回した。ここからものごとが上手く行き、前からスタートしたい。前腕はルマンのレースから良くなっているから嬉しい」と、スターティンググリッドを課題に挙げた。

Tags:
MotoGP, 2015, MOTUL TT ASSEN, Dani Pedrosa, Andrea Iannone, Bradley Smith, Valentino Rossi, Marc Marquez, Jorge Lorenzo, Movistar Yamaha MotoGP, Monster Yamaha Tech 3, Ducati Team, Repsol Honda Team

Other updates you may be interested in ›