初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ペドロサが昨年のセパン以来となる1番手発進

ペドロサが昨年のセパン以来となる1番手発進

前戦で今季初表彰台を獲得した後、13年前にキャリア初優勝を挙げた思い出の舞台で会心の1番手発進。

レプソル・ホンダのダニ・ペドロサは、第8戦TTアッセンの初日に3番時計と1番時計を記録。サーキットベストラップ(1分33秒462)を更新する今季2度目のトップタイム(1分33秒450)をマークして、昨年10月の第17戦マレーシアGP以来となる初日総合1番手に進出した。

「グッドなスタートとなった。アッセンは常に天気の予測ができないから、路面がドライでグッドなコンディションの時を利用したかった。セットアップとタイヤを試すことが重要だった。幾つかのマフラーを比較しながら、セットアップの仕事を進めた。明日もこの調子で行きたい」と、会心のスタートダッシュを振り返った。

Tags:
MotoGP, 2015, MOTUL TT ASSEN, Dani Pedrosa, Repsol Honda Team, #DutchGP

Other updates you may be interested in ›

motogp.com
ベストスローモーション

2 years ago

ベストスローモーション